09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





**黄色い涙**

2013.02.19 22:07|アラシゴト
moblog_b6873bd5.jpg

前からずっと見たいと思ってた、嵐5人出演の映画、2007年の『黄色い涙』、やっと見れました♪

「ALWAYS三丁目の夕日」を彷彿とさせる、昭和の設定。ストーリーのテンポがゆったりで、
青春時代の切ない心の葛藤を、5人それぞれ表情や声のトーンなどでうまく表現していて、いい味出してました。
嵐って普段も、うだうだと、ゆるい雰囲気で5人一緒にいるでしょ。それがあの登場人物とピッタリマッチして、
ぜんぜん違和感がなかった。

私、どうもアップテンポなアクション映画などが、苦手なので…(^_^;)
こういう人間味溢れるヒューマンドラマが好き、面白かった!

そして何より、映画の音楽がとっても素敵ですね♪
ギターとベース、ドラムにトロンボーンの、ジャズっぽいレトロなミュージック。
『SAKEROCK』が演奏していて、映画の世界観にぴったり合ってて心地いい…

嵐5人も、『もどり雨』という曲を、フレーズごとにソロで歌ってます。
これがね、智くんは、役柄のイメージそのままの歌い方にしてるの。だから最初は誰の声かわからなかった(笑)
たった1フレーズの歌を、役柄に合わせて、表現を変えるこだわり、さすがは智くんです。


moblog_3cedd6d8.jpg

BGM、気に入ったから、サウンドトラックCD、中古品だけど購入しちゃった。
このジャケット裏のイラストも、レトロでとっても温かい感じ(潤くん以外ちょっと似てるよ、笑)
…智くんが描いたんじゃなくて、関口シュンさん作です。

智くんは、画家志望の役。これがお人好しで、騙されちゃったりもするんだけど、
ビジュアル的にも可愛いくて、彼の演技はとても面白いですよ。入浴シーンもムフフもん☆

犬童監督が雜誌のインタビューで、智くんのことを
「(舞台とダンスを見て)彼の身体能力は普通の人と全然違うなと。でも僕の映画の中では
彼が一番おかしかったので、コメディリリーフの役割を果たしてもらいました。
シリアスな芝居も上手いけど、間が独特で、他の人とは違うトボけ方を出来る。」と。

表現者として抜群のセンスを持ち合わせてるのはもちろん、その引き出しの多さから、
どんな役もこなせて、また、観てる人を飽きさせない。
やっぱり、知れば知るほど深みにハマっちゃうシステムになってるんですね、彼は。(笑)

そしてニノの演技力は抜群に素晴らしいですね、セリフがなくても心情を読み取れる。
ちょうど短い髪型も昭和の若者そのもの、演じてることを忘れてしまうほど、自然でした。


心がほわんと穏やかな気持ちにさせてくれる、

いい映画と音楽に、癒されたな。







スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。