07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





死神くん episode・1

2014.04.24 16:49|智ゴト
fc2_2014-04-24_21-44-24-638.jpg     春真っ盛り 


桜前線北上中。

だけど、こちらではインフルエンザが流行ってます。

学年閉鎖もちらほらと。

新生活の疲れもでやすい頃かもしれません。

体調には気を付けて、無理せず、頑張っていきたいですね。^ ^

さて、明日は、もう死神くん2話ですよ。

追いかけるのに必死でーす。(^^;

今さらですが、感想なんぞを、綴りたいと思います。

えー、細かいツボは、他の方のブログですでに紹介されてるでしょうから、

ここではザックリとだけ(笑)


まず感じたことは、原作に忠実、ということ。

実写版で思うのは二つに一つ。がっかりかそうそう同じか。

ブラック感が薄いという印象も、原作を読んだ最初の感想と同じでした。

そこまでガッツリ泣かせる話にしないのも、

人が亡くなるのに、最後は温かい気持ちにさせてくれるのも、

死神くんというお話そのままでした。

原作を知ってる方は、より納得のドラマじゃないかな。


原作と違うところと言えば、黒い羽が舞い、死亡予定者につくところ。

とてもキーワード的な演出ですが、これはホラーの巨匠・岡田監督の意向でしょうか。

不安をあおる意味深な演出で、ゾクッとしましたね。


今回は、櫻子ちゃんの演技が光ってました。

胸を打つ、迫真の演技でしたね。

このドラマは、鍵部屋同様、ゲストのストーリーが主となる展開なので、

出演される方によって、印象は左右されますよね。

監督も変わりますから、なおのこと、それも楽しみですね♪


そしてそして、我らが大野智さん。

この死神という役をやれるのは、彼しかいないでしょう。(*^^*)


普通っぽい死神を演じるのは、やっぱり難しいんでしょうね。

智くんも、言ってましたよね、キャラがない分、難しいと。

ちょっと、古畑っぽい話し方が気になるところもありましたが(笑)

でも、新米らしい感情の変化を、うまく表せていた気がします。


「運命に理由はありません。」

真っ直ぐな瞳でそう言われたら、思わずハイと誰もが頷いてしまいそうになる。

彼のセリフは刺さりますね、その言葉の意味が重く響いてきます。

たとえセリフがなくても、目や表情だけの演技も絶妙で、素晴らしかったです。


あと見所は、なんと言っても、猫のような身のこなしですね。

飛び降りるシーンの身軽さと言ったら、天下一品☆


それと、ワイヤーアクション!!

吊られてる感を最小限にくい止めてる。←全くなしとはいかないですけど。

それは、病院で福子と一緒に上から見てるシーンからわかります。

櫻子ちゃんと比べて、背筋も伸びて、首や腕をだらんとならないようにちゃんと保ってます。

それを自然にやれてるから、やっぱり違うと思いました。

それと、細かいですが、最後に天界の庭へ福子を連れて、着地したところ(笑)

すごーくスマートで美しかったです。(*^^*)


先日、読売新聞で、アクションコーディネーターの野口さんの記事を読みました。

あのワイヤーアクションは、一人を吊り上げるのに4〜6人で力を合わせるそうです。

病院の外のシーンで、死神くんが前を向いたまま、後方に飛ばす演技が難しかったと、

智くんと、スタッフ全員が一丸となって、タイミングを計ったと、記されてました。

体勢を保ちつつ、手をひらひらさせて浮遊感を出せてましたね。

後ろを見ずに、着席するタイミングも、バッチリでしたから、

智くんのなせる技なのかなと、想像しています。


こんなハートフルなドラマ、しかも主演は今をトキメク大野智さんですよ☆

ゴールデンにやればいいのにって思ったけど、

深夜枠だからこそ、30年も前のえんどコイチさんの原作で、

4人の監督さんで、大野智さんなのかなと。

こだわりがあって、制約なく作れるこの作品なのかなと。

そこらへんのお話は、アジポップの内山聖子さんの記事と合わせて、

いつか書けたら、できたら書きたいと思ってます(笑)


さて、どこがザックリなんだ。(^^;

結局ダラダラと長くなってしまいましたが、

私的には、スッキリ大変満足でした(笑)

ふふっ(*^^*)

明日の放送、またワクワクしますね♪





スポンサーサイト





コメント

さくらんぼさん こんばんは^^

桜満開ですね
こちらとは一月程季節が違う様です
今は藤の花が綺麗です

死神くん やっと始まりましたね
私は原作を知らなくて…
なので初見は少しイメージしてたテイストと違ってたので驚きました
そう!もっとブラックだと思ってたのです
でもでも何度も繰り返し観るうちに
死神くんの世界に引き込まれて行きました
福子ちゃん、凄く良かったです
死神くんも…
段々人間ではないものに見えてきて
大野君は本当に不思議な力を持ってますよね
あぁ こんなに書いたのにまだ始まらない
23時ってやっぱりハードルが高い時間帯です(いつもはもう夢の中です)
勿体ないですよね(*_*)

asaさんへ

asaさん、こんばんは☆

死神くん待ち、お付き合いいたしますよ〜(^_-)-☆
まあ、藤の花ですかあ。ホントですね、花冷えのこちらとは、全然違いますね。
秋が来るのはおそらく1ヶ月早いんですけどね〜(^^;

そうそう、死神くん、とってもいいお話ですけど、元は少年漫画が原作なので、
ストーリー展開がちょっと唐突で、コメディ感も結構あるんですよね。
でも、そこは智くん、役以上に死神に見えるからやっぱり天才ですね☆
この先、死神ぶりが板について、もっと引き込まれてしまうかもしれないと思うと、
ワクワクしちゃいます♪

怒涛の雑誌祭りも、まだしばらく続きますね。
今日は、月刊ガイトのVネックにときめいてました(笑)
ホントにいろんな魅力に翻弄される日々、心に響きますね。家計にも響きますが・・・(^^;
さて、そろそろスタンバイますかね。asaさんの感想も、また聞かせてくださいね〜
楽しみにしてます。(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。