07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





平常心のススメ ~ 広重美術館&太田記念美術館 ~

2013.09.28 22:56|美術館
昨日は、アルバム『LOVE』の詳細が発表になって、沸きましたね。^^

LOVEはLOVEでも、クール&sexy系ジャケット。 素敵♪

 『Hit the floor』  ソロがあることも嬉しかったし、タイトルがまた!!

間近に迫る当落発表にむけて、ますます気合が入っちゃう。

でも、ここでちょっと、気持ちを落ち着かせるために、行ってきました。

今日はサトシゴトじゃないです、アート好きな方だけどうぞ。


広重2  大好きな歌川広重で、精神安定を図る作戦。(笑)


『広重ブルー』とは、海や空の、藍色グラデーション。 広重の特徴です。
発色が美しく、濃い藍に吸い込まれそう、 ブルーって、なんでこんなに魅力的なんだろうね。(笑) 


大はしあたけの夕立2  

風の北斎に対し、雨の広重と言われるほど、雨の絵が多い。

大きな橋も遠近法を用いて、立体的で奥行がある。
当時は珍しい遠近法、あのゴッホも、それを学ぶため模写したという。

広重は、「 写真をなし、そこに筆意を加え 」たものを、自らの絵と主張。
写実的なところに、オリジナリティのエッセンスが丁度よく配合。

って、誰かさんの絵にも通じるじゃない、広重哲学。(笑)

古今東西、天才絵師あるある!! イエーイ (^o^)ノ


肉筆画2  

肉筆画。絹の変色に、歴史を感じる。



智くんが好きな 『ジオラマ』 も、展覧会やってました。。。。

ジオラマ2 

ジオラマ作家、山本高樹さんの、『 昭和幻風景ジオラマ展 』  

「梅ちゃん先生」の昭和な時代を、レトロな建造物はもちろん、人の表情まで忠実に再現されてます。
小さな世界を覗き込むと、ストーリーまで想像できそうなくらい、精巧にできてる。
可愛くて、楽しい~♪


ジオラマ5

鍵部屋も、精巧な模型に、智くん興味津々でしたね。
スペシャルドラマの模型も、また楽しみ☆


広重ついでに、こちらも。。。

先日、東京へ行った際、立ち寄った太田記念美術館

ここは、浮世絵専門の美術館。
ちょっと変わってて、まず靴を脱いでスリッパに履き替えて入ります。床は一部、畳のところも。
なんと展示室の中央には、『枯山水』、日本庭園が室内に造られてるんです。

日本文化を重んじる館主の趣が、随所に見受けられて面白い。
その心意気が気に入りました。 外国人ウケもいいようです。

太田記念美術館2   歌川広重の肉筆画、 『月に雁』 が展示。  

念願の作品に、感動しちゃって、しばらくその場から動けなかった。
この後の、嵐会に遅刻しちゃったくらい、見とれてました。(^^;)

月をバックに、藍色の夜空。雁が群れをなして斜めに飛ぶ躍動感。
望遠鏡で覗いてるみたいなアングルね。
馬と鹿の四角いスタンプも絶妙で、センスもバランスも、イイ!!


            


『LOVEコン』は、また落選するかもしれない。やっぱり、凹むんだろうなぁ。

でも、そんな時こそマイペースを貫きたい。

愚痴っても、消化するべく行動し、前に進む。 が、私のモットー。

また、アートで癒すかな。

凹み対策として、解消方法を決めてから、発表に臨む小心者よ。(笑)

どう、名案でしょ。


みんなに、LOVEの幸が降ってきますようーに 。。。 


スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。