03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





あたらしあらし 〜part 2 放送〜

2013.07.22 19:57|アラシゴト
今日は長いです、よかったらお付き合いくださいませ☆

まずは先週のVS、風間くんがめっちゃ面白かったんだけど、気になったのは、智くんのガッサガッサ声
しばらくドラマの撮影も継続中、アラフェスのリハも控えてることだし、夏風邪じゃなきゃいいけど。
対戦相手の特産物、静岡のお茶うがいとうなぎで、綺麗な声と体力キープして〜って願っちゃいました。

次はしやがれの感想。
よく見ると、こちらも気になる。智くんの頬の傷、穴が空いちゃってましたね。
向かって左の席だから、ちょうど傷側の頬が目についてしまいました。
以前、治療したところの抜糸?排膿?、きっと治療の一貫だよね。
別に傷跡直さなくてもいいんじゃない?、なんてアイドル相手にタブーな意見かもしれませんが。
アラサーともなれば傷の1つや2つ、大野智歴として認証させてもらいます。
“あばたもえくぼ”、綺麗に治らなくても全く、全然、問題ナシ!!


そして、今日の本題、『あたらしあらし』 2回目の放送。

翔クンもツボ満載で、リーダー話のくだりも書きたいんだけど、長くなってしまうから、これだけ。

忙しくて芸能人に友人がいないこと、仕事終わったらスーパーで赤貝とガリ買って、1人飲んで寝るだけ。
趣味もない自分のことを、「つまらないんですよ。」って言っちゃう翔クン。
トップアイドルのリアルな素顔に、切なくなっちゃいました。

アイドルという夢を与える職業だけに、きっと、いろんなこと制限してる。
以前、嵐ちゃんで吹石一恵さんがゲストの時も、「舞台や映画を、彼女と見に行くことなんてまずない。」と、
吹石さんとの擬似デートにデレデレな翔クンが、なんかちょっと可哀想だなって思ったっけ。

最近の翔クンは尋常じゃなく忙しいから、あのはじけっぷりには、ちょっと安心しました。

撮影終了後スタッフのツイに、翔クンは本当に楽しかったようで、「またあのメンバーでどこか行きたいな。」
言っていたそう。

フジTVさん、是非とも、叶えてあげて〜!! ファンも笑顔を見たいしね。


そして智くんの落書き企画。この企画も新しいかっていうのは、置いといて。(笑)

口をとがらせて描いてるところ、本をひっくり返して考え込んだり、コアな表情も拝めたし、
日村さんの絵に爆笑する楽しそうな姿や、あの素晴らしい落書きの数々も堪能できちゃうとは、
それだけで、サトシックにはたまらない番組でしたね。

しかも、個人的には会田誠さんの評価に、テンション上がる〜☆

大野智の真骨頂、「スズキの捕食シーン」、「逆さまにするとカマキリ」、凄かったねぇ。
完全にトリックアート。頭が固いと思いつかない発想です。

脳科学者、茂木さんのしやがれで、木彫りのクマの使用目的を、茂木さんが鳥肌が立つほど短時間で
見事当ててみせた智くん。

独特なひらめき、発想力は、本当に型破り。そしてウロコを細かくずっと描いてられる集中力。
とらわれない感性に、手先の器用さ、緻密な作業も好きとは、もう性分が芸術家向き
根っからのアーティスト気質ですわ。

私は「ポッピング師匠」が、一番、落書きっぽくて好きだなぁ。
江戸時代に現代のポッピングっていうのが、シュールで面白い。師匠にはリボン付きとか、
会田さんのコメントにもあった、構図が一目見ただけで、よく分かる。

会田誠さんの作品と言えば、ちょっと卑猥で危険な雰囲気の作風ですよね。
強烈な批判性のある表現で、ルックスは髭面のいかにも芸術家だから、アートには厳しそうな印象だったのに、
柔らかい語り口調で、すごく優しい笑顔。 ワタクシ、ギャップにやられそうです。(笑)

あたらしあらしの公式ツイに、こうありました。
「会田さんは、ロケ中に小さなTVモニターで全員の作品を見ながら、感嘆の声を何度もあげていました!」

会田さんからの高評価が伝わるツイ、すごく嬉しいな。


あたらしあらし、なんだかんだ言って結局のところ面白くて、続編に期待です。

海でもTDLでも、シャッフルでも、何だっていいですよ。

深夜っぽいベタな企画も、20代でやってたかもしれないけど、それはそれ。

アラサーになってひと皮剥けた嵐の、あたらしあらし、きっとあるはず。




スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。