09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





音楽のちから〜2013・7/6〜

2013.07.08 17:06|智ゴト
今日は、「音楽のちから」の感想です。

なによりテンション上がったのは、KAT-TUNとの「哀愁でいと」 (知念くん残念)
登場時、歓声がひときわ大きくて、ちょっと聞き取りにくかったけど、あの甘く優しい声。
長い髪に小さい顔が、儚くて。少し痩せたね。だからかな、頬の傷も前より目立つみたい。
サビの手をクルクルする「THE・ジャニーズ」な振りも、ステップも軽やかで、どことなく色香漂う、罪なやつ〜♪

仮面舞踏会の最後の高速ターンでは、大野智の存在感を見せつけられた感じ。
やっぱり、智くんはこうでなくっちゃね♪

でも、な〜んかモヤモヤした気持ち…。
最後に太一くんの「マッチでーす!」の叫びで笑顔になる智くんに、ホッとする。

その後、「今日・さよ」の山田くんとのシーンでは、(知念くん残念)
頭にタオル巻いた姿に胸がキューっと締め付けられた。
これか、モヤモヤの原因は。

役作りで痩せて、白く、儚い。
エンドレスゲームの智くんに、すでに耕太の面影を感じてしまう。今からこんなにせつなくて、
はたして最後まで、「今日さよ」を直視できるのかな、自信なくなってきたぞ。
同時に、役作りに真摯に向き合う誠実さ、忠実に表現しようとする姿勢が、ドラマへの期待に繋がる。

被災地での様子は、以前やったZEROと、さほど変わりないVでしたね。
しいて言えば、引きずり上げた昆布のサイズ感に驚いて、「昆布なめてたなぁ。」の一言。(^^)
この一言だけで、昆布漁の大変さが十分伝わってきましたよ。
消防団体験したニノの「見てるのと全然違う」もそう、何事も先入観で決めつけちゃいけないですね。

そして、奮闘する嵐から、今度は「ちから」を感じるステージでのお返し。

週刊誌に、今回の訪問についてアレコレ書かれてましたが、いろんな大人の事情があるのでしょう。
思うところはありますが、ライブ中、涙されてる方々、昆布おじいちゃんの表情、消防団の青年のはにかんだ笑顔、
それらを見たら、音楽の大きなちからに、ただただ感動しました。

「音ゲー」は、紅白の演出を企画した会社と同じだとか。
今回は視聴者も一緒に楽しめる企画で、こちらの方がいいですね。子供達がリモコンを奪い合ってたので、
あーばさんのイヌは試してません。やっぱりワン!だったの?(笑)

若〜いファンとのハイタッチは、羨ましすぎるー!!
コラコラ、触っちゃダメですよ、気持ちはわかりますけど。
若い時ならいざ知らず、今の私だったら、きっと直視もできず硬直して終わり。(//∇//)
後で後悔しながらも、しばらく余韻だけで生きれるだろうなぁ。(お姉さま方も入れてあげて〜)

今朝のZIPでは、終わった後も疲れを見せず、枡アナにマイクを向けようと気遣う翔クンに、懐の大きさと
プロ根性を感じました。
智くんの「長いことやって、変わってあげたいけど僕には出来ないから、頑張って」
「司会の枠、超えてますね。何時間やってるの?司会ってそんなにやるもんじゃない。」

この労いの言葉に爆笑する翔クンが、照れ隠しみたいで可愛かったです。きっと嬉しかったでしょうね、
本当にお疲れさまでした。



        


ここからは、おうちゴトの余談です。

以前、私が編み物教室に通っていた時、お世話になった先生が大病を患いまして、手術を控えてます。
娘達と病気がよくなりますようにと願かけに、お参りに行ってきました。

当時、上の子がまだ1,2歳の時に一緒に連れて通っていたので、編み物を教わりながら、娘はたくさん遊んでもらいました。時には子育ての相談にものってもらったり、恩師です。
娘達が選んだ、病気に打ち勝つ!の「勝守り」を買って、その足でお見舞いに寄りました。
10年ぶりの再会に、娘は全然覚えてないなんて笑ったけど、当時の話をしたら、娘も先生も嬉しそうな表情をしたのが印象的でした。

七夕の夜、どうか願いが叶いますように。


スポンサーサイト





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。