07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





嵐のプロデューサー 〜 潤くん誕生日 〜

2013.08.30 16:00|記念日
moblog_c63a84a1.jpg   末っ子も、とうとう三十兄ぃ♪

相方の潤くんへの眼差しは、いつもハートマーク、 乙女を虜にしてやまない潤くん。
デビュー当時、あどけなかった少年も、30歳、イイ男になりました。

今世の嵐ブ-ム、きっかけは花男で、嵐の知名度は一気に上昇。
嵐と言えばコンサート。この礎を築いてくれたのも、潤くんに他ならない。
今やジャニコンの定番となったムービングステージをはじめ、様々な演出を考案し、魅了し続ける。

多角的な視点で、嵐を良くしようと提案し、気遣ってくれる、頼りになる存在。
草食系グループ、トップ君臨の影に、潤くんのプロデュース力が、一端を担ってることは間違いない。

その端正なルックスとは反対に、本当はちょっと不器用で、意外に緊張しいな一面も。
だからこそ、完璧になるまで全力で努力するひたむきさ、その情熱が人間臭くて、愛おしい。


24時間TVのスタッフが、潤くんのことをこう言ってます。 (2013 9/6 TVガイド)

「とにかく格好よく、何事にも全力で、完璧にこなし、仲間想いで熱い気持ちをもってる。」

「男の中の男。」

いつも、嵐のことを真剣に考えてくれて、ありがとう。 


     Have a Good 30th Birthday !!
















スポンサーサイト

青の旅 〜 ザ・テレビジョン・COLORS 〜

2013.08.29 17:06|智ゴト
今だに、「君だけに」「Monster」、リピが止まりませーん。

メインパーソナリティを終えて、智くんは来年もやる気になってるみたい。
チャリTシャツの売上119万枚、 今日さよの視聴率23,4%、DVD&BD販売も決定。
こんな偉業、他の方に務まるとは思えないよ。 来年も是非、大野智の24時間TVを。

どうやら年末も、4年連続で嵐の司会が見れるようで、こちらも楽しみが増えて嬉しい☆
加えて「明日に架ける旅 part 3」も、期待したいところ。

24時間TVの余韻に浸っている間に、雑誌ラッシュもすごいことになってますね。

Hanako、ASIAN POPS MAGAZIN、with、J-GENERATION、テレビ誌もいっぱい、etc、
まだ読みきれてないけど、私的ヒットはこちら、「TVジョン・COLORS」

私の好きな葛飾北斎の「赤富士」をバックに、パッツン前髪も、可愛いよぉ(笑)

今さらだけど、智くんって青が似合うね。
私も最近は青づくし、ネイビーやターコイズブルーとか、自然に目が行くサトシック。

インタビューは、大野智のルーツを探る。
小学生の頃は、スポーツ万能なカッコイイ系でも、人気者になる面白い系でもない、「地味に面白い子(笑)」
今に通じるものがあって、もう想像つくよ、智少年。^^

10代、Jrの頃は、好きなダンスの道へまっしぐら。それ以外のことには、良くも悪くもフリーダム(笑)
その経験が、振り付け師・大野智の土台部分をちゃんと築いてる。

それから嵐になって14年の歳月を経て…、

今だに注目されることが苦手。
ファンは絶対に裏切れない、でも逃げたいって気持ちは正直あるよ。
俺のために多くの人が考えて、どうですか、っていただける仕事を、俺の好き嫌いで断るなんてできないよ。
引き受けたからにはいい加減にはできない。結果、やってるよね。
舞台なんてやると決まっていろいろ考えると、気分はどん底なの(笑)
無事に終われば、毎回達成感と仲間と、何かを得てる。
結果、やってよかった。
それでもまた新しいこと始まる前は、ヤだなって思っちゃうんだよね。


取材した堀江さんが、「予防接種受ける子供みたいですね。」と言い当て、同感する智くん。

相変わらず、現在の活躍とは正反対のモチベーション。

それだけ、なまやさしいものじゃない、大変なお仕事なのは察します。

ここまでこれたのは、持って生まれた才能とひたむきな努力の産物。

絶対、表現者向きなのに、望んでないところが、らしいけど。


「個展はまたやりたい、あとは、時間があったら、今なら、俺は舞台を選ぶかな。」

それでも、輝ける場所はこの世界だって、自覚してる。

承知しました。

いつか必ず、待ってるから。









24時間TVの感想 〜 2013 〜

2013.08.26 17:54|智ゴト
『今日さよ』は、耕太と家族の想いが、切なくて苦しい、でも家族愛に溢れたドラマでした。

自分がどん底にいても、相手を思いやれるところに、胸を打たれました。

また、私達が今いる状況は、あたり前の毎日じゃなくて、神様が与えてくれた幸運だってこと。
智くんじゃないけど、 「1日何もしてない、じゃあ、今日は別に無くてもいい日だったじゃん。」
そうならないように、意識を変えていこう、大切な人をもっと大事にしよう、そうも思わせてくれました。

私の場合は、在宅での最後を希望する父の願いを、叶えてあげられませんでした。
さまざまな事情で、サポート体制が整わないことが理由でした。
そんな苦い経験もあり、ドラマを通じていろんな想いがこみ上げてきました。

智くんの演技は、本当に素晴らしかった。

淡々とした中にも、目の動きや表情でいろいろな感情を、見事に演じ分けていました。
ちゃんと死ぬということを決断した後、その想いを家族に吐露するシーンでは、名演技に、
陶酔して号泣しまくり。

だんだん動けなくなり、死に向かっていく様子も、専門家から演技指導を受けただけあって、
医療ドラマにありがちな違和感は気にならず、感情移入して見ることができました。


撮影秘話では、意外に思ったことがありました。本物のご家族と対面した時、深々と頭を下げて
「自分なりにではありますけど、一生懸命やらせて頂いています。」と言ったこと。

初対面で、これだけハッキリ自分の意志を伝えるなんて、珍しい気がする。

智くんのひたむきな姿勢を、感じてくれたお父さんが、撮影を見ていてポツリ。
「息子に会ったかなって感じがしましたね。」と、涙目でちょっと嬉しそうな表情。
これ以上ない褒め言葉だと思いました。
きっと智くんはすごく嬉しかったはず、まさに、役者冥利に尽きる、そんなエピソードでした。

今回は、連ドラじゃなく、映画でもなく、舞台でもない、ただの2時間スペシャルドラマですよ。
その役作りとして、長い爪も料理人らしく短く切り、大好きな釣りも封印し、好きなお酒も断ち、
食事制限で7キロもの減量。
「自分なりにではありますけど、一生懸命やらせて頂いています。」この言葉の真意が、痛いほど伝わってくる。

それなのに、雑誌のインタビューでの彼は、「ただお酒をやめて、炭水化物を少し減らしただけ。」なんて、
サラッと控えめに話す。相変わらず、陰ながらの努力は、おくびにも出さない。
「いつもドラマに入ると自然に痩せる方だから。」 ふわっと優しく笑う彼が、けなげで、たまらなく愛おしい。

もう、尊敬という言葉しか見あたらない。


            

グリッターペインティング。

お揃いの、レインボーカラーのリストバンドみたいに、華やかな閖上の海の絵。
リストバンドは閖上のお母さん方の手作りで、サプライズプレゼントだったそうです。
(その後も可能な限りずっと身につけていた智くん、閖上のみなさんがその心意気に感動していたそう。)

夏休みから夢中で取り組んだ、みんなの素晴らしい作品に、感動しました。
被災地の子供達に、感動させられるとは。最初の目的以上の結果を、もたらした気がします。
この大舞台で見事成功させた自信が、次へのステップにつながることを信じて。

グリッターアートは、ちゃんと水面に写る花火の色使いまで、バッチリ☆
近くで見ていた平愛梨ちゃんが、鳥肌モンなのも、視聴しててわかります。

そして、屋上で心療内科医から震災後の子供達の様子を聞いた後、彼の発した一言に、
またグッときてしまいました。

「会いたいですね、早く。」

心に傷を負った子供達に、自分のできることを今すぐしてあげたい、前へ進むキッカケにして欲しい。
そんな気持ちが受け取れる一言に、いかにも彼らしい、優しくて頼もしい様子が、嬉しかった。


            

今朝のZIP、24時間TVの舞台裏

「手元がおぼつかず、練習通りの完璧なものが、出来なくて、正直、悔いてます。」
「引っ張られて、歌えなかった人もいると思うから、そこに関しては申し訳ないと思ってる。」


頭を抱え、悔し泣きして座り込む翔くん。

今回、主旋律を伴奏した翔くんが、間違えて歌とズレてました。
でも、最後まで一生懸命、指揮に合わそうとしてる姿見て、いい合唱にして送り出したいという気持ちがわかったので、それで十分だと感じました。

大事なことは、こうして苦難を乗り越え、2年ぶりに集まれて、心を一つに合唱できたこと。
そして、翔くんがその後押しをしてあげれたこと。

最近の翔くんの忙しさは、尋常じゃないです。嵐イチの忙しさ、いったい寝る時間はあるのかと心配になるほど。

でも、言い訳1つせず、潔く謝罪し、許せない自分に悔し泣きする姿は、カッコイイぞ。

彼らにも伝わってるから、きっと大丈夫!!


                


そしてもう一つ、久々に見る智ダンスは、やっぱりよかった〜♪

嵐メドレーで、ガシガシ踊る智くんが、かっこよすぎて、胸が高鳴り、興奮しまくり!!

最近、アートづいてて、雑誌づいてて、それはそれで智不足が長かっただけに、すっごく嬉しいんだけど、
どこかで物足りなさを感じてました。

歌い踊る彼は、最高にカッコイイ☆

久しぶりすぎて、改めての実感です。やっぱりそこは枯渇してただけに、欲してたんですね〜


多方面から彼らの魅力を堪能でき、いろんなことを考えさせられた今年の24時間TV。

嵐、大島さん、彩ちゃん、羽鳥アナ、枡アナ、そして24時間TVに関わる全ての方々、

感動をありがとう!!、本当にお疲れさまでした。


チャリTシャツからずーっと、ホント長かったよね。

今日はゆっくり休んで、 それとも、釣り日和かな。(^_-)-☆      










Mr,自然体 〜 anan 8月号 〜

2013.08.22 18:55|智ゴト
ゆるふわ智に、癒されてますか〜♪

予告編から待ち遠しかった『anan』、もう表紙だけで、夏の疲れが飛んでっちゃった。

棚の上で写真集見たり、お口とんがらせて靴下履いたり、枕の下に手いれて寝る。← me too!
くつろいでる素敵な写真に、癒されまくりでした。

ロングインタビューは、らしくて笑っちゃいましたね〜。

今回の特集は肌と髪について。

釣りに行けてないから、肌が白くなった。
手入れは何もしてない。
肌が荒れたら、そのまま時間が過ぎるのを待つ。
髪も5年間ぐらい自分で切ってた。
寝グセはそのまま帽子かぶっちゃう。
休日は何もしないから、もうすごい。


ananさんも玉砕を予想してたなら、何故この方をこの特集で組んじゃったんでしょうね。(笑)

女子の肌質で好みについては、わからない。
髪は、似合っていればなんでもいい。

…この質問も、聞くだけ野暮ですよね、彼には。(^^;)

あげくの果てには、魚の肌質について、シイラの特性をオタクっぽく熱く語りだす!!

「ぷっ、ぶはは〜」、家まで我慢できず立ち読みしてたら、声出して笑っちゃったじゃない。

Mr.自然体。

気取らず、自分をしっかり持っててブレないところ、逆に男らしさを感じる、脱がなくても十分だよ〜。

癒して笑える楽しい一冊、大満足でした。

ちなみに、8年間も愛用してるリップクリームについて。(S社のモアリップ)

以前ラジオでも、ジェルタイプを使用してるって言ってましたよね。
よく話題にのぼるだけあって、智くんけっこう大事にしてるよ。

だって、いつも基本は手ぶら、持ち物は、財布に携帯、リップクリーム!!

唇には気を使うんですね〜(笑)

ハンカチ、ティッシュじゃないんだもん。

お肌も後でシミになるから、日焼け対策にも気を配って欲しいでーす。

私の年齢になると痛感!(>_<)


明日は早く寝なきゃ、次はとうとう耕太だ♪ 


覚悟!!



















夏の思い出 〜 ロケ地巡り part 2 〜

2013.08.20 17:12|ロケ地巡り
昨夜の『TORE』、やっぱり智くんの床の間プレイは、イイですね♪ ←どんな表現だ(^^;)
髪もスッキリして、ウエイトも減った分、軽快に見えます。 カッコイイ〜☆
手を差し伸べられるあの感じ、彼なら安心して、全てを委ねられる。

私もふなっしーになって、中からガン見したい!! ←直視できない小心者。

それと…、クイズ苦手な主演に有利な番組はこび、ちょっと気になりましたが、
食事制限して臨んだ役者魂に免じ、日テレの心意気と捉え、許しましょう〜 ←結局、智に甘いだけ。

今週のZIP、朝から5人の姿見れて、気分が上がります♪
予告にあった、グリッターペインティングも、楽しみですね。
きっと子供達に向ける優しい眼差し、態度。みーんなが癒されるだろうな。


            


ここから前回の続き行きます、立川から向かった先は汐博。アラフェスグッズを購入してきました。

屋根がある会場だったので、日陰で並べたし、ちゃんと列もロープで区切られてる。
何より、予約制とあって、30分で希望のモノを購入でき、心身ともに助かりました。
しかも、郵便局の地方発送も備えてて、土地勘のない地方組には、便利でありがたい試みです。

いつも、やり方に不満しかなかったジャニーズ、今回の画期的な対策は、ちょっと見直しました。(笑) 
アラフェスに行けないのは、一番不満ですけどね。

ワタクシゴトですが、直前に頼まれたグッズが、限定5個を超えてしまい、隣に並んでいた親切な方に
協力してもらって、全て購入することができました。←人見知りなので、頑張りました。
初めて国立参戦されるとのこと、親戚の方も当たったとか。
いたんですね、ちゃんと当選してた方が。(笑)

改装前、最後の国立競技場。 買ったの全部身につけて、夢の空間、幸せになってきて欲しいです。



moblog_ab52fccf.jpg   moblog_866d1901.jpg 時間制限の原画観賞。

原画は、ペンの濃淡がハッキリして、タッチがより鮮明に出てました。
見れば見るほど、本当に上手。紙のシワもリアルで、息づかいまで感じとりたい…。でも、4分は短すぎる〜(><)

moblog_93d6d7b1.jpg

黄金をバックにバーベル持ち上げる子供、バーベルには可能性という文字。

まるで夕日に向かって持ち上げてるように見える。力強い明日を、連想します。



その後、東京ドームでフィルフェスパンフを購入し(コッチは誰も並んでなくて、ちょっと恥ずかしいアラフォ)、
ノルマ達成で安心したのか、小腹が空いてきたので、前から行きたかったお店で、1人つけめん。(笑)

moblog_cadd1457.jpg  

最近、東北のつけ麺に慣れてる私。お酢とペッパー投入、サッパリで満足♪


お腹も満たされ、最後にどうしても行きたかった場所は、ココ。 懐かしい新宿の東急ハンズ
隣の書店ついでに、変わったモノを求め、昔よく来てたところです。

moblog_6587eb04.jpg  

シリコンコーナーには、樹脂や石膏、発泡スチロールなどの種類も。

智くんがラジオで言っていたとおり、今はいろんな材料でフィギュアが作れるんですね。
そして1缶1kg。 重っ!! これが足りなくて何個も買って帰るって、そりゃ腕がパンパンになるよ〜、
あの時、こうしてここに在庫がいっぱいあるの見て、ホッとしたんだろうな。


moblog_c85a5887.jpg  

順番来ると、待たせちゃイケナイと慌てちゃうレジ、わかるなぁ。(笑)



実家暮らしの頃は、渋谷じゃなくここのハンズが近いから、きっとこのコーナーにも来たことあるはず。

moblog_a9de336c.jpg  塗料コーナーとステーショナリーコーナー。

キャップを深くかぶりいつもの私服姿、ちょっと猫背で画材を吟味してる光景が、目に浮かぶ。
いろんな色がたくさんあるから、迷いながら選ぶのかな。それとも内心、興奮して大人買いするのかな…。

思い巡らす陳列棚、ニヤついてる私は、どんな風に見られてたんだろ。(笑)
もしかしたら、サトシックが同じ気持ちだったのかもしれない、それらしい方と、シリコンコーナーでも会いました。^^


駆け足ですが、こうして智くんの足跡を辿り、想像し、想いを馳せることで、こんなにもハッピーになれて、
近くに感じることができるとは、思ってた以上に楽しかったです。

また頑張ろうって活力に繋がった智景色。

少しでも伝わったら、嬉しい。








夏の思い出 〜 ロケ地巡り part 1 〜

2013.08.19 18:06|ロケ地巡り
東北もうんざりする暑さです、熱い夏休み、みなさんどう過ごされてますか。
週末、里帰り旅行から、帰ってきました。

海でシュノーケリングは楽しんだけど(日焼けしちゃった)、一年ぶりの実家は、一人暮らしの母の手伝いやら、
親戚が集まる家でお嫁さんをしている間に、雑誌祭り、Bet de 嵐、24時間TVの特番、などなど。
次々と、重要なサトシゴトが通り過ぎてしまって、今やっと、取り戻してる状態です。(^^;)

でも、本屋だけは行きましたよ、「anan」の予告が見たくて。(笑)
その本屋は紐で綴じてたので、指で隙間作って、ちゃっかり覗き込んできました。
やっぱり脱いでなかった〜!、でも胸元が大きく開いた服、そこを必死に覗き見してる私、紐綴じの隙間から。
旅の恥はかき捨てです。(笑)

そんな中、私もフリーになれる日があったので、行ってきました。


moblog_5998460a.jpg まずは、立川よりちょっと先、昭島の 『パン工房ゼルコバ』へ。
 
ここは、2010年 秋号の会報で、智くんが「アートな散歩道」で寄ったところ。

moblog_b129d4df.jpg moblog_e9eda5f6.jpg 

緑に囲まれた遊歩道を通ってお店へ。 

moblog_94b00524.jpg 住宅地の中に忽然と現る、緑豊かなテラスに素敵なお店。

こちらは、地元でとても人気らしく、私が行った11時半には、ほとんど売り切れでした。
事前に予約を入れておいたので、購入可能だったけど、終わりのためテイクアウトとなってしまいました。

あいにく、レジの方がアルバイトで、撮影時のお話は伺えなかったんですが、
智くんが食べたであろうカレーパンは、野菜がゴロゴロ入ってて、とっても美味しかったです。

moblog_13fc3a1b.jpg  天然酵母の窯焼きパン、ハードでずっしり重く、香ばしい。

この素敵なテラスで、大好きなパンをほおばり、微笑む姿、なんとなく想像できちゃいました。
確かに森林浴が気持ちよくて、思わず伸びもしたくなっちゃいますね〜



次に向かったのは、もちろん「アートな散歩道」の撮影場所、『パブリックアートスペース・ファーレ立川』へ。

智くんが 「いい感じ、かわいい。」と、実際座ったベンチ。 

moblog_3e03e210.jpg   



座った所からの眺め。おそらく、この青空を仰いだはず。 開放感!! 

moblog_b5377ec5.jpg


題名 『きみはただここに座っていて。僕がちゃんと見張っているから』

moblog_8d5c90fe.jpg  

この作品、一目見て好きになりました。
椅子や靴がとても精巧にできてます。智くんはスリッパと思ってたみたいだけど、よく見ると靴のかかとを踏んでたんですね、その折り返した部分も繊細でリアル、こだわりを感じて神経質な印象を受けます。
それに、そこから伸びる人型の影。(木の影で見えにくくてゴメンナサイ)
題名含め、全てのバランスが絶妙で、とても面白い作品。
智くんが“すごくいい発想”って気に入ったのも、納得。


こちらもまた、面白い発想で、すごく可愛い。 題名 『車どめ』

moblog_03501167s[1]   

私も智くんと同じポーズで運転席に乗りましたよ、一人で。(笑)


moblog_4721b9e6[1]   

歩道のタイルからつながる同色のラインが、面白い♪



moblog_e4bd3994.jpg

内部の景色はこんな感じ、意外に座り心地いい、でも囲まれてちょっと圧迫感。


この他にも、いたる所にアートが溢れてて、思わず足を止めて見入ってしまう。
もっと時間があったらたくさん回りたかったのに…、何かを感じ、記憶に留めておきたい街でした。
会報の嬉しそうな表情どおり、きっとこのロケ、いい刺激受けて、すごく楽しかったんじゃないかな。

そろそろ時間だ、急ごう次は汐博!!










お人好し智に救われる

2013.08.07 18:36|智ゴト
アラフェス 2013、
FC160万人中、参戦できるのは14万人。倍率は11倍以上。
当たったら神チケットだな。

私のところに幸運は巡ってきませんでした。

去年、奇跡的に当選した私とは反対に、こうして落選した方がもちろん沢山いるわけで。
明暗、どちらの気分も味わえただけ、私は狭き門、アラフェスの醍醐味を十分堪能させてもらったよね。

しゃーないね、今回の暗は、明へのステップと前向きに捉えようと思います。


昨夜は、早々に飲みながら 『お人好し智』 見て、癒されてました。←現実逃避

「僕は降りるまで、ずっとここに寝かせてあげます。」 

電車を利用してた若い頃は、私も同じでした。
若いと眠くてね〜、肩だけじゃなく時には背中も(笑)、自分も借りまくっていたので、お互い様でした。(^^;)

でも、今でも同じ対応ができるかと言えば、自信ないな。
現在は、のどかで広々とした田舎の車生活。電車にほとんど乗らないから、人混みが苦痛で。
近すぎる距離感に落ち着かず、思わず、咳払いしてしまうかもしれません。(笑)

日本人あるあるのCM、スリムな体型そのままで、耕太仕様の可愛い智くん。
こんなキュートで優しい一面が、私の折れた心を和らげてくれる。

込み上げてくる想いは、やっぱり会いたかったなぁ〜

ペンライトも必要なくなっちゃった。準備してた遠征費も…。

もう、その分、違うのたくさん買ってこよう!! 

週末から、関東の実家へ里帰りしてきます。
グッズ購買意欲も下がりまくりですが、久しぶりに子供を預け、1人で、あちこち智くんにまつわる場所へ、
念願のサトシゴトを満喫してこようと思ってます。
1日だけ、どのくらい回れるかわからないけど、同じ景色を眺めることで、少しは気持ちに近づくことができるような
気がする。

こうなったら、1人の時間を贅沢に♪


まずは、夏祭りの前夜祭と本番の2日間、やっつけなければ。
提灯持って指導した音楽隊と一緒に、約8キロ、3時間半ガッツリ練り歩きます。

よし、気分変えて、しっかり頑張っぺよ〜☆

今日は夏祭りでぃ!!









アラフェスグッズに、クドい店sp 〜しやがれ8/3〜

2013.08.04 18:34|アラシゴト
拍手コメントのSさんへ、お返事書いたのでコメント欄見てくださいね。

            

あっという間にもう8月!、東北もやっと梅雨明けしました。が、あまり暑くなくて、ノークーラー生活してます。
快適だけど夏らしくない、でもアラシゴトは着々と熱くなってきてますね〜

アラフェスグッズ、いよいよ先行販売が始まり、ツイッターにたくさん画像がでてます。
不思議メガネに嵐ロゴもメガネ、5人似顔絵にはグラサンと、今年のテーマは、何故かメガネですよ!(笑)
お洒落ですね〜、あーばさんらしい、天真爛漫センスが光ってます☆

今年の嵐からのメッセージには、
  『 the festival with our love & thank you 』
去年のと同じですが、our big loveのbigだけが省略されてます。直訳すると、
    
     このフェスティバルは、僕らの愛と感謝の気持ちと共に。

ホントにそうですね、ファン投票という形で作るコン。
私達の声に耳を傾けてくれるところに、喜ばせてあげたいっていう、嵐の気持ちがビンビン伝わってきます。
たった2日間しかなくて、たとえ国立競技場に行けなかったとしても、選曲という方法で、
全員参加できるというスタイルを考えてくれたんだと信じたい。

きっと、今年の国立競技場は、見渡す限り赤と白のコンビネーションに、キーケース付きリュック姿で
溢れてるんでしょうね♪ 
「あ〜ら〜し、あ〜ら〜し」、あの空気感を想像するだけで、気分が高揚する。


話は変わって、昨夜の『しやがれ、クドい店sp』、意外とよかったですね。(笑)

やっぱり5人揃ってのロケは、それだけで面白さ倍増。
店より味より、車内のいろんなとこに、一番萌えるアラシック。
後部座席で、ボソボソ喋る3人に目が離せなくて、
「定規。」、「ララドゥ。」、「鹿島アントラーズ。」、 苦手なわりに、語彙のチョイスに意外性あり!
いつだって感覚的すぎて、読めません。(笑)

真ん中に座るの相葉ちゃんじゃないんだね。蕎麦屋の後あたりから、智くんの目がトロントロン。
眠そうだったから、予想はしてたけど、二人に挟まれ智くんが昇天する画が、ナチュラルすぎ(笑)

放映中に寝るの、これで何回目でしょう。
人気タレントがロケ中ほとんど喋らないで寝ちゃうって、普通ありえないことなのに、不思議と彼の場合、
違和感なく、メンバーも当たり前的な雰囲気。むしろ自然体で微笑ましく見えてくるのは、やっぱりキャラ得としか、
言いようがないです。

それに、このロケ時、まだドラマの撮影中でしょうから、食事制限も合わせて、体力的にもお疲れちゃんだったはず。
メンバーも暗黙の了解といったところでしょうか。

「召されましたね。」 (笑)

思わず温かい目で見守りたくなる、見てるこっちも優しくなれちゃう。 

自然体の底力、無敵なり。








 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。