05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





あたらし智 〜ジョンzoom8月号〜

2013.06.27 23:56|智ゴト
今年のサクランボは不作なハズなのに、しばらく見たくないってぐらい、追われてます(^^;)

でもアラシゴトは一応、やってるよ。
ですが残念なことに、24時間テレビの記者会見、ウチの地方では見れなかった〜(>_<)、
「ドラばら」「PON」、何それ?そんな知らない番組で記者会見とか、Tシャツお披露目とか、いっつも何なん?
国民的アイドルの大事な催しやらんといて〜

以前ウチの地方は、20万枚も売れたチャリTシャツが売れ残る地域って言ったけど、TV放送エリアでは、
「一部の地域を除く」ってやつに必ず該当するローカル地域。
「ニノさん」が10月からレギュラー化することが決まったけど、全国放送でお願いしますよ!


JALのCMも、ホームページで30秒バージョンを確認しました。
親切にメイキングまであって、風は寒そうだけど、ほのぼの嵐が温かくて、ホッとしますね。
CMを追いかけるのは、性格的に無理なので、いつもホームページで楽しんでる派です。

各TV誌には今、たくさん嵐が載ってますね
「ジョンzoom」と、「月刊ガイド」、あたらしあらしの写真が、すごくイイ
図書館の静寂な場所で、大切に扱わなくてはいけない本に、密かに落書きして楽しむって、
なんかイケナイことしてる罪悪感がスリル満点、妙に興奮しますね。(笑)
それをのぞき見してるコッチも。(*^^*)


あたらしあらし2  こんな先輩が図書館にいたら、テンション上がるわ☆
                          「大野センパイ見ーっけ♪」←はるかに先輩は、おぬしな。


ディレクターズコメントで日置さん、
「こんなふうにと、ある絵をお見せしたら、大野さんはその絵を逆から見て何かを考え始められたんですね。
こんな見方をするのか!すごい発想力だな〜、相当IQが高いんじゃないかな、と驚かされましたね」
                                                     (by ジョンzoom 8月号)

今回も少し描き込んでは、下から眺めたり、斜め上から眺めたり、いろんな角度から観察しながら、
地道な作業を繰り返して落書きを描いていたそう。
そして完成した落書きは、本の中にある写真を違う向きから見せて成立させる作品もあったと。

常識にとらわれない発想力、無限の想像力がなせる、大野アート全開な落書きの数々。

IQはわからないけど、間違いなく右脳で物事を見て、感じてる。

この芸術作品、落書きなんてくくりで、いいんでしょうか?

クオリティの高い、…落書き。

傑作。


本人も、「いろんな角度から自分の描いたものを見るといろんな発見があって、非常に楽しかった。」と。


私達も、いろんな角度から観察して、あたらしの発見、たくさんありそう。









スポンサーサイト

109,5億円アイドル

2013.06.23 21:41|アラシゴト
moblog_7923777f.jpg   今が旬の“赤い宝石”、サクランボです♪

私がお手伝いに行ってる農園が、サクランボの最盛期を迎え、日々、忙殺されてます。
サクランボは、可愛い見た目どうり、とってもデリケート。同じHNでも、丈夫だけが取り柄の私とは違って、
育てるのに手間かかって、旬も短く儚いの。
その分、いいお値段するから、こちらの地方では、多くの経済効果をもたらしてくれるんだけどね。
毎年サクランボ泥棒なんてのもいて、荒っぽいやり方で農家の方々を悩ませてます。



さくらんぼ智くん   そうそう、コレ!!(2000年10月号 嵐IZM総集編)

“サクランボのヘタを口の中で結べるか競争”で、圧倒的スピードで1位は智くん。
コレが出来る人はキスも上手いって言うよね。フッフッフ、でしょうね、ダンス見ても全身器用ですから!
そこは想像力を働かせましょ。


1位といえば、今日の本題はこちら。

6/21、オリコン上半期トータルセールス第一位、嵐で109,5億円。
シングル、アルバム、DVD、BD の総売上が、ダントツの1位。

これに、アラフェス&popcornツアーの動員数87万人の収益を合わせると、
いったい、おいくら億円になっちゃうの!?
すごい総額になりそうだよ、でもグッズ含めツアー総売上ランキングなんてのもあったとしたら、
きっと一位なんだろうな。頼もしいくらい、稼ぐね〜

この経済効果は貴重だよ!、是非、嵐もアベノミクスに組み込んでいただき、景気回復の一因にしてくれ。
アラシゴトも増えて、一石二鳥かも。(^^)/


そして、今年のアラフェスグッズも、あーばさんプロデュースだそうです。
またパンチの効いた、ナウいデザインになるんだろうなぁ。 今年のメインカラーは何色だろ?
リストバンドみたいな、風変わりで洒落たグッズ、たくさん増産して欲しい!
去年はすぐ売り切れちゃったから、相方ちゃんのお友達に、お世話になったんだっけ。

炎天下に6時間以上もかかる、地獄のグッズ並び…。
グッズだけのために全国から集まる人もたくさんいて、経済効果ありすぎやろ〜!
あれは、4時間超えたあたりから、おかしなテンションになってくるの。(笑)
水も飲みたいけど、トイレを見ると長蛇の列。熱中症に気をつけながらも、水分調節して。
そのうち疲労困憊から眠くなって、フラフラで立ってましたよ。
毎年なんとかならないのかね〜って皆さんが思ってるんですけど、いっそ通販にしてよ。
今年こそは待ち時間短縮の画期的な対策、講じてくれることを切に願います。


嵐は視聴率がどうとか言われてるけど、この総売上から見て、番組離れはファン以外ってことよね。
これには番組制作サイドにも、問題がなきにしもあらずですから…。

109,5億円アイドル、ファンの想いは熱いまま継続中。

イコール、ライブとグッズの競争率が高いことは、今年も覚悟しなきゃだな。







興奮する♪ 〜あたらしあらしポスター〜

2013.06.20 21:05|アラシゴト
「あたらしあらし」的、見たことないショット!、びしょ濡れスケスケポスター撮影。
つい、目を細めて胸元凝視(←AVか)、朝からごちそうさまでーす♪

「シャツをぬらすことに、非常に興奮する。」…比べるなら、プシュッとやられる方が、より良かった智くんですが、
以前、智ラジオでも、野外の国立競技場ライブに何着ていったらいいですか?な質問に、
ライブは祭りだから浴衣がいいけど、雨に濡れると透けちゃうって話ありましたよね。
「だって、やらしいでしょ。」を、2回も連呼するから、おかしくて吹き出しちゃったんだけど。
改めて、こういうシチュエーションが大好きってことを確信しました。(笑)

ついでに興奮つながりから、こちらの話題も…。

やよいちゃんとのTシャツコラボ、
「お話をいただいた時、とてもうれしくて興奮しました!」、今週のジョン、他テレビ誌にたくさん載ってましたね。
私の周辺でも、嵐ファンじゃない友人から、Tシャツの評価がかなり高くて、私まで誇らしげな気持ちに。
対談で、世界の草間さんと何かやらせてもらいたいって願望、叶ってなにより。

アーティスト大野智として、美術活動の展望が、大きく開けたであろう今回の企画。
ファン冥利に尽きると同時に、この人はどこまでいくんだろう?って、
いつか世界に羽ばたいて行っちゃうこともあるのかなって、ちょっと複雑な心境になる。
…快進撃は嬉しいけど、あんまり遠くへ行き過ぎないでね。って、考えすぎだな、でも本音。

そんな折、NISSANの新しいCM、智くんらしい素朴な可愛い姿に、妙にホッと安心しちゃった。


今年の嵐は、メンバーソロ番組がスタート、潤くんは映画待機中に世界のエンタメを吸収。
智くんは、絵画と立体創作の美術活動中。 個別活動を広げてきてます。
そして夏から、ワクワク学校、あたらしあらし、24時間テレビ、アラフェス、次のアルバム、ライブツアー…

“変わりゆく嵐”について、7月号の日経エンタメで翔ちゃんが言っていた数々。

「(人気があることに)当たり前ボケしたくない、」
「いちいちきちんと点検しながら進みたい…、これからも嵐の活動に関しては、今まで以上に
 じっくり考えながら決めていきたい。」
「広いグランドに向かって走り始めた僕らを見ていて欲しいです。」


人気に甘んじず、現状に満足しない志の高さ、細部にわたって最善を尽くそうと努力するプロ意識に、
嵐らしい、遅咲きの底力を感じます。
これからの活動も、時に受け入れがたく、満足感に欠けることもあるかもしれないけど、
新しいことに挑戦していこうという、彼らのナイスな心意気に、ファンも進化していかなきゃですね。

ってことはつまり、智不足にも慣れろって、ことですか。…それだけは辛いな〜


あたらしあらし  たくさん見たい、落書き中のこんなところ☆







今年の24時間TVは、智祭り♪

2013.06.18 22:35|智ゴト
ついに、と言うか、やっと、24時間TVドラマの発表となりましたね〜

去年はドラマの方がTシャツより先だったから、もう日テレさんの焦らしプレーに、ヤキモキ。
枯渇中のサトシックにどストライク!、チャリTシャツの初日売上5万枚以上、売り込み戦略も大成功というわけです。
でも、ファンじゃなくとも一枚は欲しくなると思う、可愛いデザインだもん、チャリティーだしね。

そして、満を持しての智くん主演ドラマ、キターーー!!あまりに嬉しくて思わず小躍りしちゃった☆

噂では医者役だったから、病に伏せるドクターかと勝手に期待、白衣姿に色めき立ってたんだけど、違った(^^;)
29歳の若さでガンに侵される普通の青年役。原作の内容はかなりシビアな闘病記。だから、原作は読まないでおく、たぶん最後まで読めないもん。

智くん、「“ちゃんと生きてちゃんと死ぬ”という難しいテーマに、真摯に向き合っていきたいと思います。
     僕もこの耕太とじっくり向き合って、耕太の強い意思をしっかり演じきりたい。」


脚本を手がけるのは「僕の生きる道」「救命病棟24時」「いのちのいろえんぴつ」「ブルドクター」など、
医療ヒューマンドラマはお手の物、橋部敦子さん。この安定感、かなり期待できそうですね。

プロデューサーは河野英裕さん、作品は「泣くな、はらちゃん」「妖怪人間ベム」「野ブタ」など。
去年の「車イスで僕は空を飛ぶ」もそうだから、24時間TVドラマは2回目。

河野さん、「ガンを考えることは日本そのものを考えることになる、と思っています。ガンという病気に対して
どう向き合うかは、その人、その家族、このコミュニティ、全てに関わってくることだからです。見てくださる方に、
少しでも何かが残せるようなドラマをお届けできるよう、精一杯頑張りたい。」と、本作にこめた思いを語ってます。

先ほど、彼のツイを読んだら、「“河よりも長くゆるやかに”の橋の上のシーンが好きで、そこで描かれている
何かを(何と言っていいかわからない)、自分でもやりたくてやりたくて、目標にしてドラマを作ってる。」とありました。
ポリシー持って仕事されてることに、好感が持てると共に、これまた期待度がグンと高まりましたよ。

今回のテーマに真摯に向き合う作品作りについて、智くんをはじめ、これだけのスタッフ陣ですから、
上質なスペシャルドラマになることは、間違いないでしょう。

そして、あの「泣かずに泣く、自然な演技」が、また見れるかと思うと、楽しみだなぁ。

智くんが死んじゃう役は心苦しいけど、切ない心情、苦しい葛藤を、目や表情で表現するのが絶妙だから。

なにより、今のビジュアル最高でしょ、永久保存版にできる作品が、嬉しすぎてたまんないよ。







ニノが生まれた日

2013.06.17 16:35|記念日
この題名見て、「愛が生まれた日」を連想したアナタ、同じ世代ですね♪
フフフ、そんなことはどうでもいいことでした。それより今はワクワク学校の当落が気になるところでしょうか。

今日の、本題はコレ。
二宮和也くん、30歳のお誕生日

先日のVSでも、「20代最後の大仕事!」なんて張り切ってましたが、いつもいい仕事してますよ、ニノは。
何でも器用にこなすんだもん。智くんのとはちょっと違う、ニノは努力しなくても軽々やってのけちゃう感じ。
一言で表現するなら、勘がいい

ニノといえば、抜群の演技力だけど、音楽性の高さも素晴らしいですよね。
いい曲作るし、ピアノも習ってないのにあんなに上手、ギターもできて、歌も素敵、特に高音の伸びが最高。
彼の歌には説得力があって、つい感情移入してしまう。去年の札幌コンで、ニノのソロに感極まって思わず涙。
周りを見渡すといっぱい泣いてる方がいて、やっぱりすごいって思った。

バラエティーのセンスだって、ツッコミの安定感は言うまでもなく、ボケじゃないのに、
コメントさせたら必ず面白いでしょ。アイドルってだけでも十分なのに、この多才ぶりが魅力的。

反面、小さい頃は人嫌いで独りを好み、Jr時代もデビューすることを本気で望んでいなかった、
誰かさんと同じスタンス(笑)。才能あるのに、二人共、ぜったい表現者向きなのに、ある意味贅沢な悩み。

HEAR WE GO!ツアーでメンバーと話し合った時、「嵐いーよ!すごいよ!」って内心思ってたり、(by アラシゴト)
5×10アニバーサリーツアーの時も、「ファンとして嵐っていうものを、一番近くでいい席でタダで見ちゃおう」って言葉、
あなたも立派な嵐なのに…。いつも冷静に、どっか物事を斜に構えて見てるとこもあって。
スターなのに庶民的で、高級な美味しいものが苦手とか、ゲーム漬け生活も(個人的には理解しがたい)
この難解さが面白くて、つかめないところも魅力なのかも(^^)

30歳になった今は、自分が嵐であることを、誰よりも望んでいる気がするし、才能を存分に発揮して
納得してるように見える。でも納得はしても、満足はしてないのかな、彼は。
まだまだ未知のポテンシャル、魅せてくれる気がします、そう期待してるよ。


デビューして間もない頃から、智くんもニノが大好きなわけで、「WINK UP」の伝言板でも、
ラブラブぶりが羨ましいくらい、仲が良くて。ファンは、こんな二人の姿をずっと眺めてたい。

       
         大宮 コピー   お誕生日、おめでとうございます
                                       素敵な一年になりますように…。








24時間TVチャリTシャツ part2

2013.06.15 17:23|智ゴト
moblog_9a6b6077.jpg   moblog_e574db53.jpg  行ってきましたイオン!


うちの地方は田舎なので、9時過ぎにもかかわらず、周りに誰も購入者は見当たらず、
ゆっくり現物を見比べながら購入してきました。カラーはごらんの通りの2色。
普段から映画のチケも並んだことないし、初回盤CDも、初日に売れ残ってるような地域です。
番協には不向きの場所ですが、ある意味、アラシゴトしやすい環境でもあります。(どんだけ田舎なんだ)

智くん、「やよいちゃんが描いたドット1個1個の中にも、愛がすごく詰まってる。
      それが周りに出ちゃった感じをイメージして描きました。」


表はグルッと周りを取り囲むような多種アート、裏は中央から放射状に点在する『愛』を表現してます。
草間さんのドットの上にも、智くんお得意の幾何学的な模様がたくさん描かれて、智くんの言葉を借りるならば、
まさに“アートチック”(笑)

智くんが描いた画には、二人のサインのシンメにハート、そこから伸びる24時間テレビの36、
門松?から続くSのイニシャル、後ろ姿の裸の男の子3体、「髪の毛?」って聞いたのはコレね。
おそらくパリ・ロンドンで見たモスク、指先から発信してる水中のYのイニシャル、イソギンチャク様に
サイドを固められたやよいちゃんの似顔絵。どれも智くんらしい感性、とても面白いですね。

今回、草間さんにしては大人しい気がするのは、おそらく、コラボによるバランスを考えての表現だったと思われます。それでも、一見して、独創的な草間テイストを十分感じさせられる。
トレードマークのドット柄のリーフから伸びる、まるで花火が打ち上がったような、パーンと真っ赤なお花。
周りのドットも大きさがバラバラで、花火が散らばっていく感じ。

そこにあの幾何学模様を、おもいっきり入れちゃってる(笑)。でも、そこが二人の画風の共通点な気がする。
草間さんの「無限の網」や「炎」といった、凡人には理解しがたい細かい模様の作品に、智くんの幾何学模様が
どっか似てる気がしてならない。

裏のハートだらけの画もそう。ドット柄の下に、細かいハートや丸を敷き詰めて智くんが描いてるのも、
草間テイストに通ずるものがある。一部ハートが囲まれてるところを入れるあたりは、
智くんらしい遊び心が感じられるんだけど、模様は意識して描いたのかもしれない、なんてね。

コラボレーション、異なるタッチの異文化融合、そして絶妙な調和。

個性を主張して、このバランスの良さが、素晴らしい。









24時間TVチャリTシャツコラボ〜2013〜

2013.06.14 18:21|智ゴト
日テレの、焦らしプレーなキーワードを経て、やっとお披露目となりました〜

共同創作のお相手は、やっぱり草間彌生さんでしたね。
今日はちょうどお休みだったので、家事そっちのけで朝から日テレ 、張り付いてましたよ。

前回の対談から約半年ぶりの草間さんは、完全にサトシックでした!
草間さんの発言に愛が溢れてて、重症ぶりがよくわかりましたよ。

「良かった〜、また会えて」、←私達と同じ目をして、草間さんからハグ

「この服、とっても素敵よ」←衣装のベスト、“無限の網”模様みたいね(^^)

「歌をね、聴かせて欲しいって思う。」←完全に堕ちてます。
それに対して「いやーちょっと、恥ずかしいかな」、照れる智くんが最高にキュート\(//∇//)\

「先生はやめて、やよいちゃんって、呼んで

「非常に仲良くさせていただいております。←ハイハイ、よ〜く解りますよ。

84歳、恋する乙女でした。芸術の巨匠をもメロメロにしてしまう、智魔力、テキメン。
やっぱり、歌聴いて実際会って、どっぷり堕ちてしまったのね。気持ちわかるなぁ〜、同じだもん。

今回のテーマは 『愛』
草間さんが描いた赤いお花のデザインに、智くんが周りに絵を描いていく。
「すごいすごい、素敵じゃない、髪の毛?」二人の仲睦まじい関係性からも、尊敬の愛を感じました。

このTシャツ、気に入った!!
もともと異なるタッチを組み合わせるのが好きな私、芸術性の高い2つのデザイン融合にテンション上がる。
それに、智くんの繊細な描写がたくさん出てて、草間さんのお花も可愛くて、色も好み。
ただ、智くんの絵が細かすぎて、テレビだとよく見えないので、また購入したらTシャツの感想を書きたいと
思います。

制作期間は、半月ぐらいだったそう。
ラジオで言っていた、パリ旅行で「やらなきゃいけないこと。」、コレだったんですね〜
まぁ、予想はしてたけど、今年も智くんがデザインに携わってくれて、しかも大好きな草間彌生さんとのコラボ、
嬉しいなぁ。
そして、久しぶりのサトシゴトに、朝から胸が高鳴りました


やよいちゃん、「こんな素晴らしいTシャツ、見たことない。」

明日、間近で『愛』を、感じたい。

イオンに行こう!



草間彌生×大野智(前の記事)
未来を生きる君たちへ(前の記事)







被災地・岩手ミニライブ〜ZERO〜

2013.06.12 02:54|アラシゴト
“被災地の今”、がれき処理の画から、嵐5人に切り替わるとホッとしますね。

消防団の体験で、「実際やってみましょうに出来るわけない!、こんなの。」 ニノに同感、そりゃそうだ。
地元の消防団員、東北に引っ越して初めてその存在を知りました。消防員は知ってたけど。
普段から熱心に訓練して、本当にすごいんですよ、ボランティアとは言えないレベルなんです。
ご近所の絆と郷土愛から、なせるんでしょうか、頭が下がります。
備えてくれるおかげで、私達は心強く、いつも安心して暮らせるんです、感謝カンゲキ雨嵐。

そして、「美しい」生昆布!、 「食べていいですかぁ?」 相葉ちゃんが聞いたくせに、智くんに食べさせてる(笑)
でも嫌がるでもなく、 「あ、昆布だ♪」 、何事も楽しむ姿勢に、頼もしさを感じます(^^)
だからかな、ゴム手袋に救命胴衣の漁ルック。なのになんでこんなに勇ましく男前なんだろ?って思った。
船の上で周りの景色を堪能し余裕すら感じる、海が似合う男だからかな。

サプライズでライブなんて、皆さんすごく喜んだでしょうね、よかった。
嵐5人では初訪問に、そうだったけ?って意外でした。
そっか個人的にたくさん訪問してるから、そんな気がしないんだ。前回のライブは別の場所だったね。

震災後、復興支援ラジオにて(Date FM)
智くんの宮城の親戚の話…、
震災の時、両親に聞いて全員の無事が確認できて安心したこと。
ガス、電気が止まってる状態で、物資を送ることができたこと。
昔、親戚の家に泊まりに行った時、海に行ったり、ザリガニ取りに行ったり、懐かしい思い出の数々。
そんな話の後に、智くんが言った言葉。

「音楽を通じて少しでも笑顔と元気が戻ってもらえれば、僕ら、ずっと音楽をお届けしたいです。」

がれき処理の現実から、嵐を見てホッとしたのは、彼らがスターで夢を与えてくれる存在だから。
トップアイドルで影響力もある彼らが、自分たちに何ができるのか、しなければいけないことは何か、
そんなことを震災直後に話し合ったことを思い出しました。

昨日の読売新聞夕刊にも、嵐5人の「高貴なる」活動と、取り上げられていました。
仕事だからというニュアンスは、ひとかけらもなかったそうです。

上っ面な優しさじゃなく、震災に真摯に向き合い、社会的責任を自覚し、自主的に活動し続けてること、
尊敬の念を抱かずにはいられません。


日々、忙しく過ぎていく毎日、つい忘れてしまいそうになる。
風化させてはいけないですね、彼らに教えてもらった気がする。











子供っぽい大人の男願望

2013.06.10 21:46|智ゴト
24時間TVグッズ、やっと出ましたね
Tシャツはどうなるのかな?キーワードが気になりますね〜、14日の発表が待ち遠しいところですが。

その後のワクワク学校も、すっごく行きたいけど諸々の事情があるので、私はコンサートへ
焦点を合わせ、今からいろいろ準備してます。個人的には全くワクワクせず、東京・大阪の方が羨ましい〜

話変わって、週間ジョン。長かった「嵐14年分インタビュー」が、やっと終わりましたね。
まー引っ張る引っ張る!、途中抜ける勇気もなく、まんまと最後まで買い続けましたけど(笑)
昔のことも知れたし、見届けられて満足です。今後、記事でちょいちょい紹介していこうと思ってます。


そして智ラジオ、先週は笑っちゃうエピソードがたんまりと。

パリ行きの機内で、10時間寝ちゃって、「ヤバイ!何も楽しんでない!」ってスタンス。(笑)
仕事帰りだから、ちょうど休息とれてよかったのに。そもそもこれからもっと楽しいことが予測される旅先に、
気持ちがぜんぜん行っていない。というか、その前に空の旅をも、全力で満喫するあたりが、智くんらしくて、
遊び上手でいいねぇ。

それと、いつも足の爪を、手で切ってるって。微調整しにくく深爪しやすいのに、これってどうなの?
足は陥入爪っていう、巻き爪になりやすいから、ホント気を付けてね、って思う。

20代の時、創作活動で木材余ったからって、火おこしに4時間かけたり。

釣りで、智くんぐらい大きなサメに、ちょかいだして危ない目にあったり。

いつかは、水と釣竿だけ持って、無人島に行きたいだとか、


…もうなんというか、発想が、THE・少年!! しかも小学生レベル(^^;)
無邪気でやんちゃで可愛くて、でも心配で。(笑)
考えること、やることなすことが、全く枠にとらわれてないよね〜
だからこそ、潤くんに恋人つなぎ拒否られて、「大人になったな」って、ちょっとショックだったんじゃないかな。

これからどんな大人になりたいですか?な質問に (by 12年 3月 月間ジョン)

翔くんと言ってます。 「面倒くさい大人になりたいね。」
            「子供っぽい大人の男になる(笑)」


きっと初体験な油絵も、そんな童心溢れる、天真爛漫な感性が光る作品になるんじゃないでしょうか。

枠にとらわれない、どんな面白いモノが出来るのか、気になりすぎる〜。


私も農園バイトで、グリーンなイメージがフツフツ湧いて、久しぶりに絵描きたいんだけど、
どこからそんな時間が捻出できるのか?、でも隙間な時間に、少しずつでも描いてみるかな。
完成はいつになることやら…。







リンゴ農園なう!!〜緑は癒し〜

2013.06.06 20:47|アラシゴト
moblog_2b13e647.jpg   moblog_2bce8be1.jpg  まだ小さいリンゴの実


菜園ガーデニングなるものも流行っているようですが、こちらは本物のリンゴ農園。
私、知り合いから頼まれて、只今こちらでバイト中。
仕事はリンゴの摘果、つまり間引きです。こっちの方言だと、「おろ抜ぎ」。

関東ベットタウン出身の私、この果物刈り感覚のバイトが、超絶に楽しい♪
気温32℃!日焼け対策バッチリで暑いんだけどね〜、やっぱり「緑」に囲まれる農作業が、心地よくて。
綺麗なお花より美味しい果樹園の方が、私には合ってるかも(^^)


今月の月間ジョンも、「植物に触れてリフレッシュ!アート盆栽と家庭菜園に挑戦します♪」
なんとも楽しそうな企画。

moblog_7f7c7ea5.jpg  盆栽のタイトル、智くん「京都」、相葉ちゃん「俺の松」

なんかわかる!、京都の竹林のイメージ、楚々としてる。 俺の松も、なんとなくそんな感じ(笑)
相葉ちゃん、「風を感じながら植物に触れて、ナチュラルライフって感じで、幸せ気分」って言ってます。
二人共、夢中ですっごく楽しそう。集中して作成中も、イイ顔してるなぁ。


この2人で家庭菜園といえば、たしか以前、こんなのも…

moblog_5da4d605.jpg

2010年秋のFC会報、相葉雅紀の「畑びより」。
智くん楽しくて、一緒に行こうって誘ってくれた相葉ちゃんに感謝してたね。
相葉ちゃん、ここでも言ってます。「俺にとって癒しの時間なんだよね、この畑企画は」
農作業で汗だくの、最高にイイお顔。もろこし掴んでタオルハチマキ、アイドルなのに似合いすぎ。

好きなんだね〜、こういうの♪
ついでに、ナチュラルライフつながりで…

将来、どんな家に住みたいか?(by 2011年 TVジョン)
智くん木の真ん中に住みたい、木を切るところから全部自分で造りたい、大きな木の真ん中にあるログハウス。    いつ落ちるかスリルを楽しめそう(笑)、台所はなくてもいいけど、お風呂とトイレはどうしよう(笑)」

夢のある発想で面白いけど、大きな木じゃ …… 雷落ちるな。


観賞目的の「緑」も素敵で癒されるけど、「食」に結びついた緑は、直接大地の恵みを実感できるから、
人はもっと深く癒される。そして、「緑」 あるところには、必ず生き物が生息しています。
間近に昆虫、小動物などの自然に触れられることも、癒しにつながるのかな。
虫は嫌いだけど、農園バイトの心地よさと、イイお顔の理由は「癒し」ですかね。

嵐コン遠征費、頑張って稼がなきゃ。


moblog_f500571e.jpg    この男、青い海もイケる!!








5/31 Mステ ワニワニ♪ からのオトダマくん

2013.06.03 16:48|アラシゴト
まずはMステ、今回、カメラワーク良かったですね〜
いつも文句タラタラの私、もうそこに関して期待してなかったから、一番嬉しい感想かも

そのおかげで、あのややこしい歌割りも、PVよりハッキリ見れてよくわかりましたね。
「不確かなまま♪」のイケめてる智くん、後光がさして、思わず拝みたくなるくらい神々しかった!
カメラさん、ありがと〜
口パクのはずなのに、エフェクター弱めに聞こえたのはなんでだろ?よくわからないけど、自然な歌声聞けて
かえって良かったけどね。

そしてダンスもカッコよかったー☆、Face Downの振り付け師と一緒かな?と思ったんだけど、
全体に大きく動いて、前後するフォーメーションも振りも似てない?
でも顎に手を当てるポーズ、あれは斬新〜、ウチの娘達が最後のカメラ目線ポーズと、
おしっこ漏れそうダンス(←勝手に命名)、妙にウケてました(笑)。やめてよね〜カッコイイんだからさ

いつも嵐の楽曲は、5人のユニゾンに、智くんの歌声で奥行を出し、翔クンのラップで幅を広げてくれてる。
そう思ってました。でも、今回ラップはないけど、吉本荒野さながらの目力で、まんま家族ゲームの世界観を、
見事に魅せてくれてましたね。「まだ見ぬ世界へ」ぶりかな、斬新って思ったの。
複雑なユニゾン含め、また新しい境地を切り開いた一曲、挑戦し続ける嵐にエールを送りたい。


そして一昨日、やっとウチの地方にも、オトダマくんの再放送がありました

オトダマ作成風景、ほのぼの笑顔に、癒された〜
2時間もかけて丁寧に作ったのね。アーティスト大野智の指示が光る一コマ。
最後は、1人背中に「さとし 3」って、背番号落書きされてるの(笑)、らしいよね。
やっぱり、いじられちゃうリーダー。メンバー内での存在がどれほどのものかが、よくわかる。
表面的には何もしてないように見えるけれども、こんなにも慕われて、ここぞの時には頼りにされてる。
そんなところが、このオトダマ作成の端々に垣間見れて、なんか嬉しかった。

「ふるさと」の作詞を手がけた小山薫堂さんが、
「ふるさとは場所だけではなく、いつでも自分の心の中にあって、生きていく上で芯になる。
 冒険でたとえるならば、方位磁石のようなものである」と。
小学生のうちは、様々な経験を積んで自分の「方位磁石」を創り上げていく時期。

Nコン参加校、2600校、10万人
泣いたり笑ったり、きっといろんなドラマが繰り広げられることでしょう。
10月のNコンで、子供達の新しい「ふるさと」、嵐と一緒に見届けたいですね。
また楽しみが増えたな。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。