04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

サクランボ

Author:サクランボ

最新記事

Gallary

                  

☆ お友達 ☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Endless Game

2013.05.31 01:53|アラシゴト
Endless Gameをエンドレスに、だいぶ聴き込んでます。聴けば聴くほどいいですね〜

家族ゲームのミステリアスな世界観にドンピシャ。
ドラマ主題歌だから、イントロ聞くだけで、自然と回想シーンが出てきちゃう。
最初の印象は、ユニゾンが複雑で難解な曲。 智くんも言ってた通り、出たり入ったりの難しいサビ。
それに、Aメロ、Bメロ、サビで曲調とテンポが、ガラッと変わるのが実に個性的。
だから耳馴染みが悪かったんだと思います。でも聴き込むほどにそれも解けて、だんだんイイ感じに。

そして、智くんの歌声はエフェクトがかっても、聞き分けられる。
クセのない歌い方なのに、抜群の歌唱力が存在感を際立たせるのか?
それとも智くんの声をつい探して追ってしまう、サトシックな耳のせい?
でも、ウチの娘が「やっぱりおーちゃんの声が、一番上手くよく聞こえるね」って感想でした。
加工した特殊な声でも、子供にも分かる彼の音楽性、表現力の高さに、ただただ驚かされる。

そして、何より琴線に触れたのは、『モノクロ』、とってもいい曲ですね〜
歌詞は月夜な恋心を、比喩を用いてロマンチックに表現。想像力をかきたてられ、思わずキュンとさせられる。
そのわりに、メロディはアップテンポで、バラードじゃないところ。
イントロ、アウトロは「時計じかけのアンブレラ」に似た、リズミカルでちょっと意味深な曲調の感じ。
歌詞とのギャップと相まって、面白くてたまんな〜い(*^^*)

最近のシングル、
voice, 目指した未来へ, ついておいで, full of love, モノクロ,…etc
通常版のカップリングの方が、断然いい出来ですよね。

初回盤と2枚買っても飽きさせない努力も、通常版のメリットなのもわかります。
でも、初回盤はPVにメイキングやダンスが入らなくなり、カップリングの質も以前とは比べ物にならない。
still…、僕が僕のすべて、season、揺らせ、今を、…もうこんな名曲には巡り会えないのかな〜って思うと、
「通常版だけでいんじゃねー。」なんて、ニノデビルばりの可愛い悪魔のささやきに、一瞬、揺れちゃう。
でもね、智くんのことならどんな些細なことでも知りたい私としては、ハズす勇気はないんです。(笑)
だから、これも成長、時の流れと消化し、応援し続けるんでしょう。こうして時に毒吐きながらも。


さぁて、今夜のMステ、ダンスがついたらいったいどうなるのか

乞うご期待! ←あんたの番組じゃないし。











スポンサーサイト

若冲から影響〜石田アニキ〜

2013.05.27 22:06|智ゴト
石田アニキのしやがれ、青の洞窟以上に美しい青の智、オープニングからつい、下半身チェック(笑)
スミマセン、けっこう引きずるタイプなもので…。それにしても、ドーラン濃すぎじゃない?横向いた首に注目!
今年も夏に向けての偽装かしらね。

ところで、お土産のカトラリー、伊藤若冲から影響受けたデザインですって。
ジャルダンエデン、フランス語で「天国の庭」、唐草模様が、たしかに若沖の草木や羽に似てるような…
最近の若冲ブ-ム、実は海外から先に高名になったのも、なんとなくわかります。
だって、作風がパンチ効いててサイケ
日本画といえば、楚々とした味わいの作風が、日本人好みな気がします。

私も小学6年生の時、日本画にちょっと興味あって、かつてゴッホも模写したという
歌川広重の「大はしあたけの夕立」を模写したことあるんだけど、初めてちゃんと描いた模写。
たしか水彩えのぐで全体描いて、割り箸削った棒使って、墨汁で雨を表現したんだな。
あはは、今と画法変わんないや、我ながら成長なさすぎに笑っちゃう。
お恥ずかしくて、とてもお出しできない代物ですけどね。 
今思うと、なんて怖いもの知らずなんだろ!

moblog_39a03b49.jpg  細見美術館の若冲展

若冲ミラクルワールドで、智くんが行った細見美術館の展覧会が、去年近くであって、行く機会がありました。
放送された郡鶏図や花鳥図の屏風は、残念ながら展示されてなかったんですが、似たような水墨画から、
筋目描きも見ることができました。私が見てもわかるくらいはっきりと、縁どりが計ったように綺麗に。

実際の鶏の絵は、息を呑むほど美しくて、本当に素晴らしかったです。
隅から隅まで集中力を感じる。超リアルで、躍動感もあるんだけど、本物っぽさはなくて、それ以上。
実物より鶏の存在感がハンパないんだよね。若冲独特の鶏、それが圧倒的すぎて引き込まれる。
う〜ん、私ごときが若冲の絵のなんちゃらを語れるはずもないから、後は解説本を参照ってことで、
次は若冲自身のお話。

若冲は、絵を描く以外、商売も、酒も、女性も、いわゆる俗事に全く興味がなかった。
あげくに家業を放棄し、山奥へ2年間こもったり、人付き合いも苦手だったり。
私、天才にありがちな奇人だと思ってました。だからこそ、江戸時代にあのようなサイケで非凡な絵が
描けたんじゃないかと、解釈してたんですが、そうでもなかったようですね。

40歳で隠居後も町役人を勤め、錦市場の危機には、存続のため奔走し貢献していたということ。
また、未婚で跡取りを残さない為、晩年、あの有名な「動植さい絵」を寺へ寄付、生前に墓を立て、
永代供養の契約もし、残された者への配慮も欠かない普通の感覚をお持ちの方でもあったんですね。

それに驚きましたよ。だって多少なりとも普通の常識ある感性で、あんな超・類まれな絵が描ける?って。

もちろん、2年間ずっと鶏だけ見て写生するひたむきさ。智くんと同じ探究心旺盛な方には、間違いないけど。
ホントに才人っていうのは、知れば知るほど、奥が深くて面白いですね〜、
私も智くんじゃないけど、一度、伊藤若冲さんと会ってみたいものですわ。

いや、やっぱり智くんと若冲さんが会ってるところを、覗く方がいいや!(^^)

タイムマシーンが欲し〜い


…そして今朝のラジオ、まだ言えない締め切りって何??

せっかくの海外、ホテルにこもってまでやらなきゃいけないって、どういうこと??

もう、言えないなら、言わないでよ〜

期待してもいいんだよね!? (じらされ続け、やや疑心暗鬼)







第7回 マイベストTV賞グランプリ

2013.05.24 20:54|智ゴト
放送批評懇談会、今年のマイベストTV賞グランプリの結果は、

第1位 鍵のかかった部屋 924票
第2位 ウォルト・ディズニー創造の軌跡 817票
第3位 嵐の明日に架ける旅 810票
第4位 NHK紅白歌合戦 328票
第6位 24時間TV 愛は地球を救う 311票


10位中半分の上位を智くん、嵐が占めてます。まるで、マイベスト大野智賞。(笑)

去年のを見ると…
第2位 若沖ミラクルワールド 652票
第5位 怪物くん完全新作スペシャル 383票
第6位 もう誘拐なんてしない 376票


10位中3分の1は智くん。しかも全て一回の単発モノ。他の連ドラを抑えてこれですから。

ちなみに2年前は…
第5位 紅白歌合戦 31票
第9位 怪物くん 24票


3年前は…
第2位 嵐の宿題くん 74票
第3位 驚きの嵐 世紀の大実験 33票


4年前になると…
第3位 魔王 110票
第5位 歌のおにいさん 48票
第7位 驚きの嵐 世紀の大実験 39票


こうして見ると、ここ数年の凄まじい人気急上昇っぷりが、明確な結果となりました。
そういう私も2010年からこの波に乗ってしまい、現在進行形ですが。

時の人、大野智。

にしては、今年のTV出演があまりにも少ないじゃあないですか〜
夏にはワクワク学校、あたらしあらし、24時間TV、アラフェスと、チビチビと嬉しいお知らせが入ってきてはいますが。な〜んかスッキリしないこのモヤっと感。

彼は今、アートの制作活動に一人奮闘中です。
説明書も読まず、分量も測らず、失敗しながら試行錯誤を繰り返し、彼らしくオリジナリティを探求しながら。
今年に入って約半年間、ほぼメインのソロ仕事は自作アート。これが何を意味するのか…?

近々、その作品の数々が私達ファンの目に触れる日がやってくるのかな、ちゃんと大野智と作者名を掲げて。
そして、来年のマイベスト大野智賞(←もはや改名)につながる活躍も、後半、期待しないわけない。
私達の欲求不満が解消される日は、いったいいつ?

デビューして10年以上もたってから、勢いをつけはじめた大野智。いったいどこへ行くんだろ。
あまり遠くへ行かないで(笑)、そのほんわか笑顔と、たどたどしい喋り、ダンス、歌、演技、殺陣、アート、
彼から発せられる全ての表現で、変わらず魅せ続けて欲しい。

まだまだ波から降りれそうにないな。


 




あたらしあらし

2013.05.22 17:50|アラシゴト
いきなり嬉しいビッグニュースが発表になりましたね

「あらしあらし」
フジのVS嵐がローカルの深夜から、全国放送のゴールデンへ進出したのが4年前。
ここにきて、2週の特集モンとはいえ、また深夜に戻ったんですね
「ニノさん」の時間帯ですが、さすがに全国放送だそうです(フジのツイ情報)、よかった〜

それにしても2002年〜2003年のライブツアー名「新嵐」と同じですね。
どうやらコンセプトも一緒のようです。
2002年、智くんが 「新しい嵐を見せたいとの意味をこめて、新嵐」とつけたネーミング。

昨日のインタビューでも、
智 「まだ出てない俺らの魅力、まだまだあると思うので、それを絞り出して。」

あれから10年。あらゆる角度から、多才な魅力を存分に振りまいて楽しませてくれてますが、
その絞り出た、まだ知らない魅力を、TVでどう演出、編集するかにかかってます…

大野智×日置佑貴ディレクター=いたずら

落書きを通してアートセンスを魅せながら、いたずらな一面を引き出す。

日置佑貴さん
智くんと同い年の入社10年目。お笑いの若手発掘番組「ロケットライブ」で、ディレクター評価が高いようですね。
他にも多数。きっと、演出は間違いないんでしょう。

それに、「落書き」「いたずら」、どちらも智くんの得意分野ですよ(^^)

小悪魔智?はたまた無垢な少年智?、また夢中になってるいい顔が見られそうで、
落書きのお手並みも拝見できちゃうとは。
面白いかどうかより、ファンはそんな姿を拝めるだけで、幸せなんだけどね〜

アラフェス、24hTVの司会含め、この夏も、熱い!

いいねぇ〜







嵐にしやがれ〜IKKOアニキ〜

2013.05.21 21:46|智ゴト
今回のゲストはIKKOアニキ、…ってそんなことより、モ〜モ〜叫んじゃうよ

牛革の智にどんだけ〜、下半身、おごと〜←使い方あってる?

あまりの破壊力に、その後の内容よく覚えてないっす(笑)、今日はたぶんずっとこの話題、ゴメンナサイ

枯渇中のサトシックに、いきなりメガトン級の奇襲襲来で、変なテンションに陥ってしまった
アラフォー女子のたわごとと思って聞き流してくださいねって、どうせたいして誰も見てないブログだからいっか

『歌おに』のスウェット姿も、同じ衝撃走ったっけ〜
第1話、工場でかっちゃんとのやりとりから、リビングで体操するシーンと、
第6話、リビングと部屋を階段で往復する、かっちゃんとのシーン。
目のやり場に困ると言いたいところだけど、これが何度もリピしちゃうの。
ちなみに、『黄色い涙』の入浴シーンも、裏表場所は違えど、結局激リピ。

今回のと照らし合わせてもらうと、だいたい全容がわかるかと(笑)←何のだよ

フッフッフ…

見る限り、全然気づいてなさそうな智くん。元々オンエアを毎回チェックするタイプじゃないだろうから、
周りから聞いて、それかたまたまオンエア見て、
今頃は…チョイスしたIKKOさんを、ちょっと恨んじゃってるかもしれませんね(^^;)


その他の内容は、もうこの際どうでもよさそうですが、しいて言えば…

猫背もいいのにね〜、肩甲骨も、首から肩へのラインも、長い腕も、全部綺麗だから。
智くんの背中、Tシャツ着てるし猫背だから分かりにくかったのかもな〜

IKKOさんは、
美に対する努力とこだわりが凄かったですね、おネエタレントのカリスマ的存在ですもん。
恐らく美容業界でおネエの先駆者ですよね。ここに至るまでは偏見など、さまざまな苦労もされたのでは
ないでしょうか。
おちゃらけた話が多かったけど、そこらへんも突っ込んで聞いてみたかったです、個人的には。
美容界のおネエなんて別世界、一度違う畑も覗いてみたいな。

そしてIKKO飯はやっぱり男飯だった←美味しそうだけど、味濃くて女子ウケは微妙?
あ、ノン気の男を落とすからいいのか、女子が作る薄味より。
以前、違う番組ではるな愛さんが言ってました、
「自分が男だから、男性がどうしてあげたら喜ぶか、どれが好きかわかる」って。

男心もわかる上に、努力と精神は女性以上。見習わなくては、生物学的にメスでも、

牛革智ホルモンに頼ってるだけじゃダメですね〜(^^;)







魔王から探る智くん

2013.05.17 00:38|智ゴト
『魔王』Blu-ray 7/12発売ということで、久しぶりにDVD鑑賞しました。ちょっと振り返ってみよう☆

敏腕弁護士にしては焦げすぎじゃない?智くん。 どう見ても、“ガングロのサーファーか!” ←古っ!
でもファンは盲目、ぜーんぜん気にならない。 むしろあの髪型が好みって方、多いのでは。(私は茶髪派♪)
ムフフなシャワーシーンも貴重で必見ですが(笑)、テッパンは、やはり第7話と最終回

第7話、優香ちゃんとの泣くシーンでは、表情や目の動きだけで絶妙に心情を表現。
涙がツツーって頬を伝って泣く演技があまりにも自然で、リアルに切なく哀しくて、何度見ても号泣もん〜(>_<)

最終回の鬼気迫るクライマックスシーンも、泣こうとしないで泣く迫真の演技に、ガッツリ引き込まれる。

冷酷な復讐鬼、成瀬領に、だんだん人間らしい感情が現れてくるの、特に7話と最終回で。
その苦悩と葛藤に苛まれる複雑な胸の内も、表情と目元のみで表現してるんだけど、すごく難しいよね。
その実にやるせない思いを演じ分ける、智くんの演技力も見所です。


智くんの初主演ドラマ、「最初はドッキリかと思った」なんて言ってたけど(笑)、

復讐なんて、素の彼とは180度違う難しい役…
「複雑な役で、復讐心もあり、いろいろな感情がある中でのお芝居だなと…。
自分の中でしっかり作っていかないと成立しない。台本には書かれていない部分を考えていかなければ。
復讐に11年ですから、役作りに11年ください…(笑)」

雑誌のインタビューで、冗談を交えながらも、しっかりとした役作りの姿勢を見せる。

でも、「プライベートもストイックになって、部屋にこもって役に近づこうとしていて、キツかった」と後で語ってます。
また、舞台と違って、常に瞬発力の芝居を要求される「連ドラの現場」という不安も感じていた智くん。

あれだけの大作で難役、しかも初の連ドラ主演、相当な重圧だったことは、容易に察しがつくところです。

まあ、時には寝ないで夜釣り、カツオや真鯛が釣りたくて、ちゃんとガス抜きもしてたんだけど、と言うより
釣ってなきゃやってらんねー!、でしょ。 釣りしてる時は、無になれるんだもんね。
彼なりにバランス取りながら、「魔王」と正面から向き合い、演じていった成瀬領。

雜誌にて、
「クランクアップでは泣かなかったけど、家に帰って缶ビール飲んだら、
 なんかボロボロ涙が出て、俺、やりきったんだ、って泣いた。…」


撮影終盤のインタビューでも
「最初は難しかったけど、みんなスタッフも優しかったから、もっと現場はピリピリしてる
 もんだと思ったから。今は、初めての主演がこれでよかったと思う。」

重圧の中、やり遂げた安堵と達成感な発言に、グッときちゃう、頼もしささえも感じる。

また一つ、ハードルを乗り越えた智くん。演技者としても、やっぱり貪欲で、たくましく、面白い。
そして、その努力と功績にエールを送りたい!

のちに、「怪物くん」「鍵・部屋」と同様、「魔王」で、初めての主演男優賞を総なめにし、
その思いはさらに強いものになるんだけど。

そんな智くんの胸の内に想いをはせながら、インタビュー含め魔王を見ると、さらに感慨深いものがあります。

Blu-ray、中身はDVDと同一内容なんですね、
メイキングやインタビュー、イベント、他、盛り沢山の特典映像もついてます、
(スター☆SATOSHIのイケメンメッセージがウケる♪)

まだの方、絶対に買いですよ(^^)









Nコン♪〜智くん編〜

2013.05.14 01:27|智ゴト
カラフルでとても可愛いオトダマくん、作成中、智くんはメンバーと楽しそうに配置決めたり、
丁寧に色染してる筆遣い&表情なんかも見れて、短かったけど嬉しかったですね。
なんか無性に智くんを感じたくなったから、久しぶりに個展の特典映像を引っ張り出して見ようかな☆
という気分になりました。


そして智くんが話してくれた箱根旅行。新参者の私は潤@先輩アラシックに旅のエピソードを聞き、
もっと知りたくなって調べちゃいました、非常に面白かったです☆

2002年からやっていた関東ローカル番組「なまあらし」、2003年9月の収録後に、旅行話してくれたんですね。 
ローカル番組なんて今の嵐じゃ考えられないけど、この収録後の嵐トークもそうだし、
初回盤シングルCDにシークレットトークが入ってたり、コンDVDも凝った特典映像が付いてたりと、
昔はおまけが豪華で羨ましいですね〜
最近じゃサービス悪くて殿様商売なんて言われてますが、文句言いながらも買いますよ。惚れた弱みですからね、
まんまとその商法にズルズルと…


〜仕事で行けなかった翔クン以外の4人で、箱根旅行に行ったときの話。〜

まずニノ、相葉ちゃん、潤くんが熱海の秘宝館に行こうと盛り上がる(笑)
はじめは、あまり乗り気でない智くん。

当日は相葉ちゃんが車を出し、一番乗り気でない智くんがカメラ持参でノリノリで参加。
熱海は遠いので、智くんの知り合いの箱根の温泉に行くことになる。

初めのインターで潤くんに運転を代わる。その直後の料金所で潤くんは車をぶつけてホイールがボロボロになる。、でも相葉ちゃんは笑って許してくれた。

箱根について、いざ温泉の駐車場に停めたら、そこは違う温泉だったことが判明。
仕方がないので、そこの温泉に入ることにしたら、そこは水風呂で10分も入っていられなかった。

そのあと翔クンへお土産を買おうということになり、皆でお皿に文字を書いて焼いてもらうことに。

それまでの高速代や温泉代、駐車場代を皆が出しているのに、智くんだけお金を出していないと責められ、
お皿代は智くんが出すことになる。

ゲームセンターで夢中で遊びすぎてお皿を取りに行くのを忘れ、アナウンスで呼び出される。
慌ててお皿を取りにいき東京へ帰る。

結局、箱根にゲームをしに行ったみたいな感じになってしまって、これだったら初めからお台場のゲーセンに
行けばよかったという話。(笑)

2008年の「うたばん」でも、この旅行の話をして、翔ちゃんがお土産のお皿を持って来てくれるんだけど、
潤くんの文字のところだけ、割れて接着剤で修正してました。


それにしても絵に書いたような珍道中で、笑っちゃいますね。これはノンフィクションなんですよね?(笑)
付き人なしで4人オンリー、そして若かったから経験不足で世間知らず(^_^;)、これが珍道中の原因でしょうね。
当時ならではのエピソードが可愛いすぎて面白すぎ、今じゃこんなシチュエーション絶対無理だから。
パニクっちゃうよ、箱根が。



『嵐と一緒の思い出』
Nコンのインタビューで智くん、
「どこでもメンバーのことを考えている。5人でいることをすごい大切にしている」って、
10年も前の旅を思い出し話してます。先日のWUで相葉ちゃんのコメントと一緒。
各々、それぞれの道へ歩み始めてる嵐、だからこそ今こうして5人でいることのありがたみを
噛み締めてる気がして、同じ気持ちで胸がいっぱいになります。

以前、智ラジオでも嵐のこと、こう言ってたのを思い出しました。
「家族でもなく友達でもない、仕事仲間でももうないんですよ。もう一個の枠ができたって感じ。
離れる選択肢がない。」
と。智くんって、時に嵐に対する熱い想いを、語ってくれる時がありますよね。
デビュー当時逃げ出したかったリーダーとは思えない発言で、これまでに着々と揺るぎない関係性を培ってきた
ことが伺えます。


巡り会いたい人が そこにいる
優しさ広げて 待っている
山も風も海の色も
ここはふるさと
君のふるさと
僕のふるさと

嵐ってふるさとみたい。各々頑張るメンバーを応援、そして帰ったらホッとする場所、
あったかい。







巻頭特集から思うこと〜WiNK UP6月号〜

2013.05.10 22:01|アラシゴト
今週は、智くんの前歯が抜けたとか、髪型の話題がありましたね。
あのぴょこっと出た前歯、私も以前、右側の同じ場所にぴょっこり前歯があったので、わかります。
重なって生えてくるから、舌がずっと当たって気になるし、どうしても歯ブラシが入りにくいから、
あの辺りが虫歯や歯周病になりやすいんだよね。

きっと今は、舌が開放感でスッキリなんじゃないかな
ついでに髪型もスッキリ

先日のラジオで智くん、髪伸びすぎてまた刈り上げてもいいけど、夢はアフロヘアー!、とか言っちゃって。

えぇ〜〜〜〜!?(>_<)、

やっぱり切りに行くのが面倒だからって、自分でばっさりカットしちゃうかも。彼は今、創作活動にふけって、もの作りに目覚めてる。しかもとびきり器用ときたもんだ。ついでに自身のヘアースタイルも独創的にチョキチョキなんて…
勝手に焦ってみました。今回ばかりは、特技が裏目に出ませんように…

昨夜のVS、恐る恐る予告の髪型見たら…  
            前髪が残ってる、あんまり変わってない、よかった〜

細部にわたって全身チェックされちゃって、ファンはいちいち一喜一憂し、翻弄される(笑)
やっぱり嵐の中で一番放っておけない一位は、アナタ!! (by 2009年 WU)
今でもね☆


moblog_50e89619.jpg   髪型だけじゃないけどさ、でもこれで見納めはやっぱり残念〜


『WiNK UP』、いろいろ対談の中に
智くん、前に金髪を黒いスプレーで染めて、オレンジ色のオカマカラーになったそうです(笑)
自分でカットの他に、カラーもしてたんですね。らしいけど、アイドルなのにチャレンジャーだな。
智くんは黒髪より、茶髪の方が絶対似合うよね。昔の金髪ツンツンヘアーもやんちゃっぽくて、
好きだったな。って、結局短くてもいいんじゃんね〜(笑)、はい、中身智くんならなんでも。

潤くんが智くん家に行ったことも、話してます。3軒もハシゴしたこと、やっぱり潤くんから詳しく説明してます、
言いたかったんでしょう(^^)、他メンさんもかなりの驚きと羨望がありましたもんね。
それにしても成功率高い、絵が見たいからって上がり込む作戦、効果のほどを試してみたい(笑)

そして、気になるふたりとも踊った日!とは、たまにやるダンスレッスンのことだったみたいですね。
な〜んだ、新ユニットじゃなかった。

今回のツアーでは振り付けもたくさん手がけて、前向きなリーダー、しっかりして変わったって
言われ過ぎると困った顔になる。
…そうですね、こちらのタイプは『大野智の取り扱い注意点』に沿って、
ほどよくそっとしてあげると、使用期間中、不調なく長持ちするでしょう(^^)


今回はメンバーと絡む写真が、可愛くて久しぶりに5人の仲良しショットがたくさん見れて、嬉しかった。

moblog_7035f374.jpg moblog_60ce9971.jpg moblog_b79d41fb.jpg


最後の相葉ちゃんの言葉 

「嵐5人で今後やっていくこと、やれることっていうのが、やっぱりスゴく広がってきてるし。
個人のお仕事もいろいろやらせてもらってるぶん、5人でやることっていうのが、スゴく大切なんだなって、
そこは大事にしていきたいと思うな。」 
…に同感

最近、ピンでのお仕事は増えたけど、歌番組も冠番組も減って、5人の仲良し姿を見る機会が少なくなったから。
しやがれの企画もイマイチでしょ。ファンが見たいもの、ファンじゃなくても面白くて楽しめる、
嵐の魅力が際立つ演出、番組じゃない気がする…。

制作サイドの進化に加えて、視聴者が求めているものとのギャップに考慮した、番組作りを
願ってやみません。


これ以上、5人を見れる機会が減っていくのは嫌だから。

このWink Upの売上数が、そんなアラシックの気持ちを反映してるんじゃないんでしょうか。
すでに売り切れ店が、あちらこちらであるようです…







コンサートが原点〜popcorn DVD part.2〜

2013.05.06 01:00|アラシゴト
先日のVS、白シャツ智に、しやがれのタキシード智、どっちもイケめてたね〜
ただ、新企画『クドい店?』だっけ、あれはどうかと思うんだけど(笑)、今まで通りのオープニングトークで、
ロケは未知との遭遇の方がまだ良かったよね〜、と思うのは私だけでしょうか。

智くんの長髪が変わらないのも、次のお仕事用?気になってたけど、ついにお仕事の噂もチラホラと…
やっと来た〜!って叫びたい衝動、まだ公式に発表されてないから、心待ちにし抑えてます


最近のお気に入りはもちろんpopcorn DVD、今だにDISC1から全然進まないんだけど…
だって、智ダンスがてんこ盛りで、楽しすぎてしばらく無理〜
そんな中、よそのブログで知った情報ですが、『Welcome to our party』も、智くんの振り付けだって!!
東京ドーム初日MCでそう話したらしいけど、…そうなんでしょうかね?
ならば感想を、書かなくては(笑)、ますますDISC2へ行けないよ〜

『Welcome to our party』
手の振りがメインだから、ファンも一緒にできそう。もしかして、そこも意識してる?
ピースするとこ、「ハッピーハッピー♪」のとこ、すごく可愛いね
メンバーがペアでいちゃつく振りもそうだけど、ファンサービスに加えて、
途中から左右に分かれたり、丸く円になったりと、全体への見せる工夫も忘れてなくて、さすがです
一緒に踊れて盛り上がる、今後コンの定番曲になるかもよ、んじゃ頑張って覚えますかね〜

そして今週のテレビジョン、もう読みましたか?アラシックは買いですよ〜
99年から06年まで、嵐インタビュー掲載!全部見せます、ってやってます。
来週も続きありで、全部で14年分。

☆02年の恋愛観プレーバックも、大変興味深いですが、今回はコン繋がりからこちらを…

☆01年嵐相関図プレーバック、メンバーから素顔を暴露されてるところでニノちゃんが言ってます。
・智くんのことを
 「コンの記録用ビデオみて、ショックだった。俺の方が若いのに、大野くんの方が動きがいいんだよね(笑)」

・潤くんのことを
 「コンの衣装については細かいところまで気を配っているところはさすが!、ドラマの撮影とコン準備が重なって時間ない中、遅くまで居残りして、頑張ってやってたよ。仕事好きなんだな〜」


☆他にも各自名言プレーバックでは、
相葉ちゃん 「嵐になったおかげで2つも楽器を使えるようになったよ。」と、コンサートでギターとサックスを披露したときのこと話してます。 

翔ちゃん 「一発目っていう意味でも重要だけど、やってるときがすごい楽しかったんだ。『スッピンアラシ』を見直して、改めて〝えらい嵐踊ってるな〜〟っておもった。1stコンサートが俺らの原点。」
だって…


バラエティ番組の彼らも大好きだけど、やっぱりコンサートは、デビュー当時から彼らが一番頑張ってきたこと、
個々の魅力が溢れ、一番輝いて見える場所。それは国立競技場での4年連続ライブが初アーティストだったり、
嵐コンが入手困難なプラチナチケットになったり、ライブDVDの記録的な売り上げが証明してる、
嵐といえばコンサートという実績。

14年前から未来へ、嵐のテッパン、変わって欲しくない。







弾けたよ♪〜popcorn DVD〜

2013.05.01 22:18|智ゴト
バタバタのGW前半戦が終了〜、やっと弾けれました
ポップコンDVD、もー、最高っ、今回、智くんの振り付け多しで、サトシックには見応えありまくり
まだDISC1しかよく見てないんだけど、十分満足なんだよね。

『Up to you』
オープニングにふさわしいアップテンポな曲。智テイストたっぷりの感覚的ダンス☆
細かい凝った振りいっぱいあるよねえ、商業的じゃない足にくるダンス(笑)、面白くて何度も見ちゃう。
ラストのキメ顔もいいけど、各自ソロパート時、後ろで残りメンバーがやけにくっついてコミカルに見える振り、
可愛くないですか

『cosmos』
ウオータースクリーンもさることながら、2パターンに分かれたミュージカル風ダンスが、
曲の壮大な世界観にピッタリ合ってる
Jrの振りも手がけてるから、全体感じれるよう、くまなく見たけど、圧巻の一言でした。
智くんの、足を高〜く上げるトコ、流れるように連動する手足、2回転ターン。どれも完璧で美しすぎてうっとり
ん〜、欲を申すと、できれば前髪は下ろして欲しかった(笑)

『ついておいで』
釣りダンス、引き具合までわかるあの振り、印象的でこれしかない(笑)
だからアラフェスで使用したベスト、今回も衣装にしたんじゃないかな〜
だって歌詞に合うのはネクタイでしょ。「ネクタイぎゅっと締め直して〜♪」の首を左右に小刻みに揺らす、
智くんよくやるアレ、好きです。

『スーパーフレッシュ』
行進、好きだよね〜(笑)
予測不可能で面白かった。前に進むのかと思いきや、下がったり止まったり叩いたり、そうくるかぁって、
智くんらしい遊び心ある可愛い振り、『大野智ローラースケート事件』を経て、アレがいきなり朝下りてきたとは、
いったいどんな感性〜

『two』
今回、ハンドマイクを使用、聴かせる曲だからかな。でもダンスもたっぷり魅せてくれましたね。
ガッツリ踊るんじゃなくて、華麗でスマートな足さばき。ちゃんとカメラさんも足元アップで撮ってくれて、
わかってらっしゃる(笑)。
見たことある振りもあったけど、いえいえ何度見ても安定の抜群ダンス、飽きないです。
ムービングステージ中央部の歌と踊り、見やすい上に迫力伝わって演出的に映えましたね。
圧巻の美声「震えるほど〜♪」に、会場がどよめいてました。
私が参戦した札幌コンでも同様の現象が、酔いしれてどよめきが渦になるんですよ。
そして、あの色気にみんなやられちゃうんです(笑)、なんなんでしょ、魅惑的なアレは。
きっとみなさんと同じ感想、  『色気ダダ漏れ』  以上。


髪型…、麗しの前髪がなかったですね(しつこい)
いつも智くんて、コンでは髪立たせてトップ上げてるよね。前髪下ろしたのは2008年国立、魔王の時だけ。
大舞台のコン用か、それとも5人並んだ時に身長差をカバーするためかな。
シークレットブーツならぬシークレットヘアー、なんも隠してないけど(笑)
現在のビジュアル良すぎで、違和感感じて、そんなどうでもいいこと考えちゃった〜

昨日の潤くんenjoy、芸術の街パリとロンドンへ、また2人で旅行してきたらしいから。
ホント最近仲いいね、こんな仲良しグループ聞いたことないよ、プライベートで一緒に海外なんて。
しかも、この2人っていうのが、ポイント高いでしょ。 だって…

今年のコンは、オペラ風??それともアートな芸術風??

  トレビアーンな嵐コン♪

  期待大!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。